里と湖のポレポレ時間~

agorako.exblog.jp
ブログトップ

清水真砂子さん講演会開催します!

この記事はしばらくの間固定します!

『ゲド戦記』の翻訳家・清水眞砂子さんの講演会開催します。

是非アゴラにお越し下さい!
定員50名です。お早めに申し込みください。
e0253482_22143789.png


f0215179_18462662.png



e0253482_22144912.png

f0215179_18544848.png
f0215179_18543830.png
f0215179_18542684.png
f0215179_18541717.png
f0215179_18540556.png



[PR]
# by agorakodomo | 2017-08-12 19:05 | お知らせ! | Comments(0)

街頭紙芝居がやってきた!

e0253482_14501345.jpg
街頭紙芝居のお姉さんがやってきた!
大阪からはるばるやってきた。
このお姉さんは古橋理絵子さん。大学の講師も務める先生です。
普段は大阪の公園で火曜日に紙芝居を二時間やってやはります。
他文匣や読み聞かせなど子供達と絶えず関わっていらっしゃいます。
大学では若者と、公園や文庫では子供達と紙芝居と駄菓子で繋ぐ人肌の関わりです。
軽快な古橋さんの声、そしてテンポ。まなざし・・・
一瞬で周りの空気を感じつつ、テンション低いか高いか、それも感じて、一人一人の子どもの様子も感じてクイズやお話、いろいろ一対一の関わりをしている。
この関わりはすごいです。
優しい、そして面白い、そして時には度が過ぎる子どもたちに怒鳴る・・・でもちゃんと伝え理解まで。
子どものことをよく知っています。
古橋さんは本当にプロだなって思います。
紙芝居も、そのまま読んでいない・・・アドリブ全開です。面白過ぎ!
斜に構えた高校生もクスクス笑っています。私はと言うと・・・大笑い!
e0253482_14522096.jpg
e0253482_14525094.jpge0253482_14543414.jpge0253482_14551791.jpge0253482_14594985.jpg


e0253482_15012194.jpg
e0253482_15021563.jpg
水飴・・・象のはなみずをねってねって真っ白になって食べるよって、駄菓子の面白い食べ方伝授
これだけで30分は子供達は楽しみます。
e0253482_15060271.jpge0253482_15064022.jpge0253482_15071256.jpge0253482_15075813.jpge0253482_15083177.jpge0253482_15090688.jpge0253482_15103630.jpge0253482_15112534.jpg
e0253482_15125223.jpg
一息ついて・・・実は4歳のM君は駄菓子や紙芝居が今日が初めて!うれしいね♪いつもと違う日常だった・・・
紙芝居第二弾。
戦争中の紙芝居。どんな紙芝居をやっていた!?
うんうんうんうん・・・面白いな〜って引き込まれるね。でもさ〜「いいこ」を強調してるね。
あの頃のいい子って元気な子、健康な子、頑丈な子、言う事聞く子、・・・
そんな子になるには、毎日おいっちにおいっちにって体操するの。おいっちにおいっちに・・・元気元気・・・だからいい子
でいい子は、兵隊さんになれるんです!ってオチがある。
あの頃のいい子はいつか兵隊さんに・・・
最近どうかな?運動運動っていわれてない?全校体育やってない?合奏、合唱、団体競技・・・みんなのため、ワンフォアオール・オールフォアワン・・・ひとりはみんなのために、みんなはひとりのためにって言われてない?
協力する事をいわれていない?
2015年7月15日に18歳の男子に自衛隊・防衛大学への勧誘ハガキが来ました・・・今までにないこと。
兵隊は今や自衛隊。
いい子って誰の為にいい子になる?私は自分にために存在したいよね。
国のためってなに?
戦争はもともとないさ。戦争は武器屋さんが作るのさ。武器売れて金儲け・・・そのためにいろいろ企てるんだ、社会のしくみを。そのしくみは人の思いをまず雑作する。
命も国の為に捧げるって、健康になるのも人の為って・・・おかしいよ。
そんなおかしなことを昔は紙芝居で子供達に教えてた。男の子は、役に立つ兵隊さんになりましょう。って・・・
この紙芝居を古橋さんは緊張して伝えます。噛み砕いて伝えます。
子供達の気持ちをもっていったあの頃の・・・今もあっちこっちにちりばめられているお話をムムムム・・・て反応して自分を守れる子でいよう。

e0253482_15135267.jpg
e0253482_15150558.jpg
e0253482_15162802.jpge0253482_15171687.jpge0253482_15180296.jpg
e0253482_15185440.jpg
紙芝居2日目
古橋さんは、村田さんの作った版画の紙芝居から始めた。
まだ集まりきっていない子供達は机に集まり緩やかに優しい紙芝居のはじまりはじまり。
e0253482_15195151.jpg
e0253482_15204483.jpg
じゃ〜ん、みんな集まったから始めるよ!古橋さんの持ってきた箱からはいろい面白い道具が出てきます。
さてさて・・・元気な古橋さんの声が子供達を魅了します。
e0253482_15212391.jpge0253482_15225342.jpge0253482_15255095.jpge0253482_15311139.jpg
e0253482_15430516.jpg
クイズのはじまり。まずは今の子どもの気持ちをキャッチ。
この紙芝居の絵、・・・こわいな〜。夜見たらめっちゃこわいでおばちゃん・・・てそんなクスクス笑えるお話から始まる。
これおばちゃん先生はすごくはまる。関西のおばちゃんやからか・・・この感覚が大好き。古橋さんの感覚は幅広い笑い。
e0253482_15463733.jpge0253482_15472612.jpg
e0253482_15481837.jpg
子供達だけでなく、大人の表情が良いんです。この表情を伝えたくて、このBlogにUPしました。
クリックして大きくして一人一人の表情を。
この紙芝居がどんなに面白く、楽しかったかが本当によ〜くわかるんだから。
e0253482_15515672.jpg
e0253482_15523145.jpg
最後はナンキンタマスダレの道具を触らしていただきました。
さて、さて、さてはなんきんたますだれ・・・♪
古橋さん、来年も来てくれるかな?
うん来てくれるよ!先生が呼ぼって言ってたから♪
ぺちゃこちゃんの続きも見れるよ!まちどおしいね。
e0253482_15532110.jpg

[PR]
# by agorakodomo | 2017-08-12 16:35 | アゴラのこと | Comments(0)

村田美菜子の 版画とワークショップ

e0253482_11385039.jpg
村田美菜子さんの版画展とワークショップが8月4日〜6日まで開催しました。
版画展は8月22日までアゴラアトリエで展示しております。
ただお越し下さるときはこちらにお電話ください。☎ 0537-27-1438

村田さんの版画は懐かしい風景がここにあります。
元気よかったあの頃、人肌を大事にできていたあの頃、そうそうあったよね・・・あの風景。
そういう感じの版画。
下のアトリエには村田さんが製本も手がけた絵本がいくつかあります。
展示の中には、震災後に思いがあふれ出来上がった絵本と詩。
原発事故、戦争にともっていく社会の匂いに怒りではなく、私たちに、私たちは知っていた何かを
思い出してと言っているように。
言葉を追って、絵を見て感じてください。

e0253482_11381953.jpg


e0253482_11392967.jpge0253482_11395627.jpge0253482_11403685.jpge0253482_11411843.jpge0253482_11433869.jpge0253482_11440625.jpge0253482_11454622.jpge0253482_11474223.jpge0253482_11484596.jpg
e0253482_11493090.jpg
二階には、わらべ歌カルタの原画が展示しております。懐かしい歌、刻まれる風景、ちょっと昔の風景があります。
おじいちゃんおばあちゃんはきっと、あ〜あ〜と思えるから。
一度見に来てください。
わらべ歌カルタとわらべ歌カルタの原画は販売しております。
e0253482_11500936.jpg
e0253482_11512800.jpge0253482_11531248.jpge0253482_11534953.jpge0253482_11542703.jpge0253482_11545194.jpg 
e0253482_11132017.jpg
8月4日 一日目のワークショップは、木版画・・・彫り。刷り。
自分の絵を木に描いて角刀で彫る。文字は反対にできたかな?
村田さんの彫った版画で色を変えて、木を変えて、奇麗な版画も刷りました。
単色で辰の子はな子?の版画も上手に彫りました。
ではではボクの彫った木版画は?
あれあれ・・・うまく彫ったつもりが・・・ボクの思いどおりじゃないよ・・・版画って難しいな・・・涙ポロポロ・・・
でもね、次頑張るよ。R君は将来アイーティストだから♪
e0253482_11135717.jpge0253482_11143741.jpge0253482_11152348.jpge0253482_11160410.jpge0253482_11183226.jpge0253482_11205887.jpg
e0253482_11224599.jpg
ワークショップ二日目 いろいろの木版画でハンカチ、手ぬぐい、Tシャツ・・・保育園の先生はカバンを持ってきてハンコをペタペタ・・・
子供達はハンコが大好き。ぺたぺたってかわいい木版画をはんこ。
e0253482_11234079.jpge0253482_11241179.jpge0253482_11253182.jpge0253482_11262565.jpge0253482_11265344.jpge0253482_11273346.jpge0253482_11291285.jpge0253482_11301733.jpg
e0253482_11354993.jpg
リベンジR君。ボクのTシャツこんなにかっこ良くできあがり!
白のTシャツが後ろ前に奇麗な模様が!?
ボクしか持っていないオリジナルTシャツだよ!袖には葉っぱのハンコ。
アンデスの人の模様のような奇麗なTシャツの出来上がり!
e0253482_11321438.jpg
ワークショップ3日目。消しゴムハンコを作ろう♪
子供達は黙々と消しゴムを削ってはんこつくり。
集中してますね〜!
お父さんも集中してるねって・・・
「はい、好きなんですこう言う事!」ってK君のお父さん。
そういえばK君はものつくりや絵が好きだったね。
e0253482_11324925.jpge0253482_11331723.jpge0253482_11334787.jpge0253482_11341932.jpg



[PR]
# by agorakodomo | 2017-08-12 12:14 | アゴラのこと | Comments(0)

自然の神秘と伝えたい事


f0215179_08374057.jpg
薄いピンクのユリの花が凛と山の斜面に咲いていた。
この間までみられなかっ光景を目にする。
わ〜っと心が弾む。
きれいだ♪と。
世の中はどうなってんだ!?って思う事しばし。
日々いろいろ意識もって動いていても、なかなか届かない・・・いや届かなくなってしまったのか・・・
同じ認識の人が少なくなったのか・・・
優しいの、はきまちがえが溢れんばかりにある。
そんな世を憂いたとて、これは自分の傲慢さか・・・
そんな時、山の庭に腰をおろしてコーヒーを一杯。
は〜・・・とほっこりすると目の前にユリ。
あ・・・去年もあったかな?私が植たかな?
震災から6年半。岩盤の岩肌に今は緑の絨毯が。
この山の斜面の花々は、原種帰りをする。
もともとこんな色でなかったな〜って思える花が、一年経って現れる。
何で?
東のターシャの庭と命名した所の花は、育てられた通りの花の色や形が咲くのに・・・
山の庭の不思議さを感じる。
これはアゴラ森物語で語った所。この庭に入るとガクッとなってあれあれってなって、何かが違う。アゴラ森の入り口。
確かに不思議。
2008年ここは土砂崩れがあった。原因は大雨と上の森の持ち主が山を放置。間引きや伐採もせず、檜、杉を植えて、大きなさかい木が倒れた。するとどどっと土砂が崩れた。
消えたアゴラ。
でもアゴラが大事と思った人々が集まって、土砂を取り除いた。
そこに顔をだした200万年前の貝化石。
ここは200万年前は海だった。
貝化石と言葉だけで終わってしまうと、ふ〜んだが、昔の匂いが表に出た訳だ。
そのむき出しの岩盤に私がへばりついて植えた草木。
200万年前の土に草木。・・・そうだね、原種帰りするに決まってる。
土が恵み。この土は買ってきた土でも、ガレキの山から運ばれた土でもない。
大事な大事な山の恵みともっと奥の200万年前の厚い厚い地層が重なりあう土。
母なる大地とこれぞいう。
ようやくなっとく!この原種の森は神秘的。
その神秘は、あっち向いていたらわからない。
このたった一日の・・・このたった数時間の・・・この一瞬に・・・見える神秘がある。
このユリも・・・
f0215179_08381671.jpg
この四季咲きの庭藤も・・・
この庭藤は昨日まで葉っぱだけが見えていた。
この庭藤、地味だな〜て植えた私も少し落ち込んだ。
次の日、あれ・・・景色が変わる。
なんと美しい光景だ!?
花かんざしのような、・・・夏に涼しげな花かんざし。
なんとなんと!この一瞬に自然界の神秘を味わうのである。
これは自然の中で、世にかまけず生きている瞬間にやってくる。
これを見れば、自然を壊すなんて思うまい。
この美しさ、感動をたくさんの人が日々感じていたならと思う。
f0215179_08384616.jpg
オミナエシも美しい。アゴラ森はそろそろ夏の衣替え。
黄色の花が現れる。

f0215179_08392563.jpg
六月を彩ったアジサイがそろそろ息を吐き出し、ため息ついた。
もう少しでお休みに入るよと。
f0215179_08401186.jpg
一ヶ月の色どりをありがとうと挨拶すれば、・・・あれあれ・・・
f0215179_08405200.jpg
 

デンデンムシ虫かたつむり!
かわいい赤ちゃんのカタツムリ。
あ・・・そういえば、カタツムリって見なくなった。
子どもの時は何処でも見れたカタツムリ。
角を触って、手の上に置いて動かして・・・ジュルルジュルルと腕を上るマイマイ。
デンデンムシ虫カタツムリ・・・お前の目玉は何処にある?
確かにわからぬ目玉。角と間違ってたっけ!?
なつかしいこの光景は今や子供達の中では見れなくなった。
うそのような悲しい話。
アゴラ森でもこの山のアジサイの付近だけで見れる光景。
表の庭にはなかなかいない。
農薬地獄の成れの果て。除草剤の成れの果て。・・・いったいこんな世に誰がした。
無知で従順な民衆が、右にならえで、やらかした実体。
大きなため息また一つ。
f0215179_08412304.jpg
f0215179_08414443.jpg
デンデンムシ虫カタツムリ・・・それでも子供達に教えましょう。
2017年7月18日、戸田書店の一角では、アゴラの先生が二歳児の子どもさんたちに造形を教えています。
デンデンムシ虫カタツムリを作るよって!
くるくる色画用紙の端を丸めて・・・デンデンムシ虫カタツムリの出来上がり!
歌を知っていても、ほんとを知らぬ子供達になってしまった!?
いやならせない・・・
アゴラにおいで!・・・デンデンムシ虫カタツムリは目の前にちゃんといる。
忘れない。なくさせない。真実って今や難しいけれど、きっとこれだってことがあるんだよ。
真実は、カリスマ的に人を動員しないのですよ・・・
真実は、もっと地味にもっとゆっくりと、表に出ないのですよ・・・
むき出しにこれだこれだって事はないんですよ・・
真実はもっと静かに、透き通るように、さわやかに掴める感触なんですよ。
初々しさ・・・清々しさ・・・炭酸が弾けるようなさわやかさ・・・そしてほっこりと優しい。
それをアゴラでは伝え続けています。
この感覚。感触。ちゃんと掴んで下さい。
時間は有限なり・・・このチャンスを見逃すな・・・ってね♪
f0215179_08475798.jpg
f0215179_08492357.jpgf0215179_08511592.jpg












終わり、戸田書店のど真ん中にアゴラ子ども美術工場の造形展。
子供達とお母さんたちが見に来てくれた。
触らないよってお母さんは子どもに言った。
二歳の子どもさん、手を後ろに組んで、「しゃわらない」って言葉に出して、じっと小さな陶芸の人形を見入ってた。
不思議・・・
子どもってわかるんだ。触っちゃう、壊しちゃう・・・親が伝えないからわからない。
親さん、大人さん、子どもはわかるんですよ、小さな子どもだからって・・・いやいうやちゃんとわかるんですよ。
大事な事はわかるんです。
伝えてください。しっかrと。
だから大人さん、知ってください。本当に大事な事を。
f0215179_08515987.jpg
8月4日、5日、6日にアゴラで面白い事あります!
是非来てください。
f0215179_13594682.png
f0215179_14001172.png


[PR]
# by agorakodomo | 2017-07-23 14:31 | 思うこと | Comments(0)

この夏はアゴラにおいでよ!

是非アゴラにお越し下さい!



版画家・村田美菜子さんと街頭紙芝居師・古橋理絵さんのワークショプと展覧会開催!


面白過ぎてごめん!

楽し過ぎてごめん!

かわい過ぎてごめん!

いろんな思い出できる大事な時間!

この夏にこの体験をお見逃し無く!

二度と言わないよ・・・ぜったい来るべし!



f0215179_14105785.png
来れなかったら、損しますよ!
f0215179_14160939.png
f0215179_14104648.png


f0215179_14110747.png
f0215179_14111866.png
f0215179_14121124.png
f0215179_14120294.png
お待ちしています!

[PR]
# by agorakodomo | 2017-07-23 14:29 | お知らせ! | Comments(0)