里と湖のポレポレ時間~

agorako.exblog.jp
ブログトップ

びわ湖のアゴラの教室 2016年10月 「山本山へ散策と絵本作りと造形」

e0253482_03185.jpg

e0253482_0315296.jpg

e0253482_0323127.jpg
e0253482_038813.jpge0253482_0331654.jpg
e0253482_0385810.jpg
e0253482_0394695.jpg
e0253482_0404250.jpg
e0253482_0412313.jpg
e0253482_0422260.jpg

e0253482_043831.jpg
e0253482_0441622.jpg
e0253482_0451484.jpg
e0253482_0455221.jpg

e0253482_046417.jpg
e0253482_0472019.jpg
e0253482_0475955.jpg
e0253482_0484750.jpg
e0253482_0495281.jpg
e0253482_0504342.jpg
e0253482_0525922.jpg
e0253482_051401.jpg
e0253482_0534372.jpg
e0253482_0543030.jpg
e0253482_0551574.jpg
e0253482_056634.jpg
e0253482_0564445.jpg
e0253482_0572322.jpg
e0253482_0582986.jpg
e0253482_0592744.jpg
e0253482_10256.jpg
e0253482_103276.jpg
e0253482_113231.jpg
e0253482_124541.jpg
e0253482_135051.jpg
e0253482_144084.jpg
e0253482_154859.jpg
e0253482_184410.jpg
[PR]
# by agorakodomo | 2016-12-08 01:08 | 湖のアゴラ | Trackback | Comments(0)

びわ湖のアゴラ 2016年11月「自然木で音を奏でるモニュメント」 



e0253482_23194548.jpg

e0253482_23261061.jpg

e0253482_23264850.jpg
e0253482_23272583.jpg
e0253482_23281045.jpg



















さていつものようにみんな鳥のを描きます。
同じ事の繰り返し。又やるの・・・ってこのびわ湖では聞こえないけれど、子供達や大人たちからもたまに聞こえる言葉。
でもこの繰り返し描くことで、本当に人って変化するのです。物の見方が変わります。大概に見ている日常から、おや?って考える事が出来るように変わります。
こんなもんで?って思われるでしょうが、本当に不思議。やらされているって感覚では如何せんですが、自ら続ける行為でどんどん見えてくる。観察するめが養われ、いつしか思考し、発見する目になってきます。
今教育により、美術はどんどんいらない教科になってきている。みんな競争煽られて、五教科が大事、運動大事って思っているだろうけれど、確実に与えられる事でしか答えられない子どもが増えている。と言う事は大人も同じ教育の中で育っていたら思考できない与えられた事でしか動けない人が生まれている。日常の行政の広報で、危険を察知して、行政の言う通りにしか動けない人が出来ている。政府がまともならその行政の言う事はまともだろうけれど・・・まともでなかったなら行政通達はどうなるだろう。そこにあれ?って思えない。何が正しいか、何が面白いのか、何が・・・何が?わからない。
そんな大人にならないで!・・・だから日常の丁寧な行為は大事。
里山のアゴラでも続けた事。そしてびわ湖でも続けます。この行為の先に大きな変化が生まれます。
e0253482_23285548.jpg
e0253482_23294961.jpg
アゴラの柿の木についていたシマヘビの抜け殻。
びわ湖の子供達にも見せようって持ってきた。
びわ湖の野鳥センターへ寄贈しました。
e0253482_23303724.jpg

こんなに保存のいい抜け殻はめったにないとか!?
e0253482_23311991.jpg







野鳥センターの植田さんもやってきて教えてくれます。アカゲラの爪を見てご覧!四本あるよって教えてくれた。
e0253482_23315564.jpg

e0253482_23323221.jpg
e0253482_23331541.jpg










1年生のY君、ヘビの抜け殻を前に先生が長い紙を用意してくれました。
Y君、ずっとヘビの抜け殻とにらめっこ。
「どうした?」
「ぼく、絵うまく描けないんだ・・・」ってぽそっという。
「・・・そうかな?この間のSL上手だったけれど・・・」

アゴラの先生は言います。
子供達の自信を簡単に削ぐ大人がいるんだよって。自信は簡単にとられちゃう。絵が嫌いな子は本当はいない。嫌いになる原因があるんだよ。大人が大人の基準で簡単に評価する。うまい下手・・・いい悪い。必要必要でない・・・学校へ行くとどんどん評価されていく。その評価に子どもはどんどん自分を小さくしてしまうんだよって。
大事に大事に子供達を育てましょう。
たった一言で子供達は潰されていく・・・
e0253482_23335584.jpg
長い長いヘビさんを描こうって描き出したY君。でもえんぴつが動かない。
「お!線路のように走り出したぞ!シュシュシュ・・・長く長くそら行け!いいぞ!長く長く・・・」
するとY君のえんぴつはどんどん動き出して、顔の所までやってきた。
「おお!ヘビが描けた!いいよいいよ!」そんな風に声を描けた。
そしたら次にY君、今度はヘビの模様を一個一個丁寧に描き出した。
でも10個描いて途方にくれかけた・・・
んじゃ〜な、こっちおいで!って外にY君連れて行って、細い枝をノコギリで切ろうと促した。
Y君、工作は大好き!だからノコギリでぎっこぎっこと切り出した。直径2センチ、長さ10センチの枝が切れた。おばちゃん先生は枝の中をナイフで彫って六角様のハンコが出来た。
じゃあさ〜、これで絵の具使って模様を描こうよって促した。
Y君、赤い絵の具を選んでハンコみたいに絵が生き出した。

子どもの好奇心を引き出す事をしなさい!ってアゴラの先生は言う。
削ぐ事は出来ても好奇心を引き出す事をやっていない大人。そのことを私はアゴラでお手伝いさせていただいてからずっとずっと言われてきた。アゴラの先生は本当に子供達のやる気スイッチを押すのが上手。特に純粋な幼稚園の子には大変人気。幼稚園に講師に行っている先生に子どもたちは先生!ってまとわりついてくる。
おとなしかった子は今アゴラで生き生きしてる。
心の病気だって言われた子どももどんどん自分を取り戻し、薬が減った。
Y君もいつも先生に作った工作を持ってくる。
幼稚園以上に学校に行けば、うまい下手の判断はついていく。自信をなくせば好奇心は生まれない。
そんなことをいっぱいいっぱい私も教わった。その受け継ぎをたくさんの大人が出来たならこの社会は変わっていくだろう。
e0253482_23344890.jpg






好奇心おう盛なSちゃんの作品。いろんな角度のキツツキ。いいね!
e0253482_23352738.jpg

ひたすら描く同年代の子たち。
e0253482_2336318.jpg
さて、今日は木の楽器。天気がいいので外にブルーシート敷いて大きな木をノコギリで切ります。
e0253482_23371417.jpg








今日は釘を使わない。木の棒で繋ぎあわせていく。
細い枝に先生はドリルで穴をあけてくれる。
e0253482_23375721.jpg
e0253482_2339115.jpg




一個一個長さを変えてノコギリで切って、紙ヤスリで擦って、穴をあけた所に紐を通す。木の長さが違うから音が変わるんだよ。
e0253482_23401948.jpg
e0253482_23411521.jpg





5年生のS君は家で大工仕事をお母さんとやっている。だからナイフを持つ手つきがいいね!
それに先生に穴をあけてもらって紐を通す作業を、自ら枝に溝を作って紐がとめれるようにしてた。
工夫するS君。そう!それが想像し創造すること!
e0253482_2342429.jpg
e0253482_23424818.jpg
e0253482_23432929.jpg
e0253482_23451317.jpg

木槌で木と木をはめていきます。
e0253482_2344797.jpg
ボンドで補強。
e0253482_2346990.jpg
集中している表情っていいね。
e0253482_23474044.jpg









大人も木を切るのに大変そう。
e0253482_23464990.jpg
先生、結構手をけがしてた。先生の頑張りのおかげです。
e0253482_23481641.jpg
e0253482_23512220.jpg
e0253482_23485058.jpg
e0253482_23504452.jpg
















結構固いんです、この木。


















小3のSちゃんも頑張っている。
e0253482_23494234.jpg




安定が悪くって、丸い丸太の底の部分をナイフで切ったんだ!それも僕の提案です。
e0253482_2352099.jpg




いい音なるぞ♩
e0253482_23531590.jpg




5年生のTちゃんとHちゃんは、七夕のように短冊に願い事を書くように一個一個の枝に願いを込めて。合奏です。
e0253482_2353479.jpg

[PR]
# by agorakodomo | 2016-12-07 23:56 | 湖のアゴラ | Trackback | Comments(0)

日々のアゴラ 2016年冬 11月〜12月

アゴラでは毎年影絵をやります。
そして4年前より「カメの翼君」という本を題材にしての影絵をやります。
この「カメの翼君」は5年続けてやると先生は決めています。
一年一年子供達は成長し、表現していきます。
同じ事をなぜ毎年やるの?って声が聞こえてきそうですが・・・どうして?
繰り返す事って本当はすごく大事なこと。同じだと思えることが実は1日1日違うし、一年一年違うのです。子どもたちは成長します、幼稚園の子が一年経って一年生になって表現する言葉、読み書きさえ違うし、感じ方も違う。自覚も違うのです。
先輩を感じ、先輩を見て学び、独自の表現がまた生まれます。
静岡県にはスパックと言う劇団があります。
その宮木聡さん演出のスパック劇団は、「タカセの夢」という劇を5年続けました。
「タカセの夢」の主人公高瀬君は、中学二年生で主役に抜擢されて5年毎年この劇に取り組みました。この五年間はかれの成長物語。さらに他の出演者もずっと5年を通して表現していきました。
彼等の成長を見守る宮木さんひきいるスタッフは彼等の成長をずっと見守りました。
この5年と言う月日は同じものを表現しながらもきっと違っていたはずです。
その感覚をアゴラの子供達もの体感してもらいたいと先生は思ったのです。
続ける意味合い。成長。
そして影絵は、造形表現も加わります。切り絵で影を作り、カメの翼君を表現します。幼稚園だった子どもがまず作るのは蝶やいも虫などですが、年々作る物が変わります。切り絵ももっと複雑になってきます。台詞だけの子が6年生になると監督兼舞台監督です。
この体感を学校で今や感じる事は無に近い・・・
アゴラでは、いろんな表現を先生から提案され、又子供達の提案を受け入れます。

この版画は影絵への準備です。
学校では重ね版画や木彫りの版画を行います。アゴラでは、ペーパーナイフを使って切り絵に挑戦。
そして版画で影と光の感覚を感じます。
e0253482_17171934.jpg

e0253482_17181335.jpg
5年生のYちゃんは鳥かごのなかの鳥を表現しました。いい作品です。
e0253482_1719206.jpg
2年生のK君はカメの切り絵を丁寧に作っていきます。細かい作業が得意なK君です。
e0253482_17223785.jpg
e0253482_1722766.jpg
e0253482_17232745.jpg









字を切り絵にしたR君、逆さまにならなかったね!良かった♩
e0253482_17243488.jpg
e0253482_17251951.jpg
e0253482_17275726.jpg




















4年生のHちゃん、切り込みして面白い切り絵が生まれました。
e0253482_1729258.jpg



制作好きのA君、面白いカツオをモクモクとカットしています。
e0253482_17294955.jpg
e0253482_17303131.jpg





こだわりやのTちゃん、台紙をぬいて版画。
e0253482_17311286.jpg



こちらもカメ。ウミガメです。
e0253482_1732415.jpg



鳥をひたすら書き続けた3年生のY君。シジュウカラを切り絵。うまく版画でき
るかな。
e0253482_17351390.jpg
年長さんのY君、もうすぐお兄ちゃんなんだ〜。切り絵はマッチョな赤ちゃん。
e0253482_17362317.jpg
e0253482_17371687.jpg







年長さんのH君、カブトムシの足を丁寧にはさみでチョキチョキ!
e0253482_17375296.jpg




初めての版画。うまくいくかな?H君の真剣な顔。
e0253482_1739548.jpg







うまく出来たかな?ワクワクのH君。
e0253482_1742278.jpg






さて・・・版画をやりながらも時には自分の好きな事をやるのがアゴラ流。
最近アゴラに仲間入りした一年生のYちゃんは絵の具で描くのが大好き。今日は先生への手紙です。
e0253482_17542992.jpg

3年生のH君、他の作品を作ってて木のオブジェは途中でした・・・さ〜仕上げるぞ。
e0253482_17552249.jpg
立体的な花びらを作って花を咲かせていくよって。
e0253482_175646.jpg
花咲か爺さんのように色とりどりの花を咲かせて♩
e0253482_17583693.jpg
4年のHちゃん、丁寧に描きます。この木の表現面白いね。
e0253482_1757559.jpg
e0253482_17575158.jpg












この絵も面白いね。
e0253482_17592483.jpg


じゃ〜ん!六年生は油絵に入りました。
e0253482_1814211.jpg
先生!アルミで皿作りたいって言うのは六年生のR君。じゃ〜教えましょうと石に布巻き付けて、アルミの板を叩いていきます。
e0253482_1822773.jpg
出来るかな?しんどい〜って言い出した二人に先生は、根気をもって続けなくっちゃ出来ません!ってハッキリ伝えて激励します。制作とは簡単に時間内に出来るキットじゃありませんからね。
e0253482_183672.jpg



いい天気だから外で庭の花を描いている4年生のYちゃんと3年生のTちゃん
e0253482_1834954.jpg



3年生のR君はまた作り始めたよ。糸鋸でまあるくカット。
e0253482_1843889.jpg












あれあれ懐かしい野球版だね。去年かな?小さな野球版を作ったA君、これをもっと面白くしたいんだってアゴラに持ってきた。
そして板を足して、広げて、穴を彫刻刀で彫って外野までつくったよ。ガムテープで広げた板を貼付けていたので、先生が板を後ろから貼って釘で固定して周りを柔らかい板を用意してあげるから、囲えば野球版が出来るんじゃないかって先生がアドバイスします。
e0253482_1852647.jpg
次の週。出来た野球版で遊ぶ3年生のA君とH君。
A君ちのお母さんは、アゴラで作った作品はずっと大事に飾ってあったり、一緒に遊んだり、子供達の作品を大事にします。だから子供達はどんどん制作意欲を増していきます。さらに大事に残されて子どもの手元にあるから、また広げようとか、改造しようとか、直そうとか・・・そう言う事が後にも可能になっている。
一年一年成長して、手を足していく。いいな〜。
e0253482_186991.jpg






これいいでしょ!4年生のYちゃんはのりにのっておりました。
e0253482_187330.jpg


ユニコーンを描いてみたよ!みて〜♩
e0253482_188348.jpg
先生に手伝ってもらいながら木を大きな木に埋めていくよ。
e0253482_1892630.jpg
毛糸で何を作っているの?
e0253482_18102446.jpg




今度はマフラーまいてる?
e0253482_1811970.jpg










あ!さっきのは雪だるまだったんだ。かわいい。
e0253482_1812125.jpg
6年生のKちゃんはいつも家から面白い物を持ってくるの。
今日は海の砂をもってきた。なにができるの?
e0253482_1813799.jpg





ボンドと絵の具で何か実験?
e0253482_18142559.jpg



精力的に制作する二人。折り紙で何作っているの?
e0253482_18151054.jpg





じゃ〜ん!大きな折り紙の花束の出来上がり。迫力ある作品を作るTちゃん。
e0253482_18154573.jpg


この三人は外で草を刈ってきて、リース作りに入りました。
e0253482_1816404.jpg


















最近はまた電車を描き出す年長さんのT君
e0253482_2359598.jpg
3年生のY君、鳥の絵を描いてる。ぜったい描く事を忘れないでね!Y君の自信だからね。
e0253482_00638.jpg
e0253482_1820189.jpg

木のオブじゃと版画展。
只今アゴラで開催中です!
e0253482_18203698.jpg
子供達の作品風景。
3年生のY君の鳥の巣。鳥がいっぱいいる景色。
e0253482_1821484.jpg
e0253482_18214878.jpg
e0253482_18225086.jpg
e0253482_18233877.jpg
e0253482_18242836.jpg
e0253482_1825732.jpge0253482_18254257.jpg
e0253482_18261412.jpg
e0253482_18264459.jpg
e0253482_18271916.jpg
e0253482_18274342.jpg
e0253482_18281027.jpg
e0253482_18283499.jpg



































お母さんたちも見に来てくれました。
e0253482_18291075.jpg
e0253482_18294824.jpg
[PR]
# by agorakodomo | 2016-12-07 17:51 | アゴラのこと | Trackback | Comments(0)

日々のアゴラ 2016年 秋

一度やめたL君がまた復帰!
油絵描きたいから〜。
時々大きい物を作りたいと動き出すL君であった。
e0253482_18471994.jpg

e0253482_18481445.jpg
e0253482_18492282.jpg

あさ〜どっちが本物展やるから、庭で石探してきてよ!
は〜い!
みんな、粘土で石を真似てみる。
e0253482_18502047.jpg

三年生のTちゃんは、リアルさを追い求め、庭で砂を取ってきて、色付けした作品にふりかけのように砂をまぶしたよ。
e0253482_1851542.jpg

三年生のKちゃん、何度目だろうね。
モクモクと製作中。
e0253482_18521078.jpg

にてるでしょう!
e0253482_1853532.jpg

私もリアルを追求します!
5年のYちゃんも砂を取ってきて実験実験!
e0253482_18544797.jpg
どうでしょう!?

e0253482_18573544.jpg










私もリアルに挑戦!5年生のwちゃんも頑張ります。
e0253482_18583045.jpg

僕たちも!幼稚園年長さんの子供達もリアル挑戦!
e0253482_18592812.jpg

実は、絵の具大好き!
自然に鼻歌でちゃったり〜、笑顔が出たり〜、石にはないかけるような自然な空気が漂っていました。
e0253482_1903565.jpg

幼稚園児のY君、早々に出来上がり!
e0253482_1912371.jpg

いつも鳥の絵と鳥の紙コップ作品を作るのが忙しいT君も、やっと制作し始めた。
このガタガタが難しいんだよね〜っていいながら・・・
e0253482_192728.jpg
e0253482_13135264.jpg
e0253482_13143140.jpg
e0253482_12312376.jpg













二年生のK君は、粘土が大好き、石を作る途中にカブトムシも作っちゃった。
e0253482_10452945.jpg
e0253482_10464927.jpg
5年生のS君もいつもいろんな事を思いついて制作し続けている。だから先生からのお題は後回し。
でもちゃんと遅れながらもつくるよ!
e0253482_1048218.jpg
3年生のY君は、ちょっと違う表現したよ。
本物を粘土でくるんじゃった。で、奇麗な色で仕上げたの。
ならさ〜、これも飾っちゃお!「化粧した石」と題名して。
e0253482_10505445.jpg
e0253482_1772332.jpg

お母さんたちが見に来てくれました。
e0253482_10573663.jpg

さて石を作ったり、その合間にまた先生はお題を出します。
先生は切り絵の絵本仕立ての紙を作ってくれました。
さてさて〜、絵本を作ってくださいね。
e0253482_11434138.jpg

オ〜山の上を飛行機が飛んでいくね〜。
e0253482_11531039.jpg
e0253482_11513762.jpg
e0253482_11522181.jpg









先生は、子供達が描いた絵を元にお話をしはじめました。
子供達は自分の描いた絵本にお話が綴られて、ニコニコ笑顔がこぼれていきます。
優しい光景です。
e0253482_1224116.jpg
幼稚園児のT君はいつものように図鑑を見て鳥を描き出しました。
e0253482_123325.jpg



鳥かごの鳥さんか?
e0253482_1214465.jpg







Y君は恥ずかしいのか、逃げていってしまった。
絵本、かわいいね、海で泳いでいるんだね。
e0253482_12151276.jpg



あ!つかまった?
e0253482_12154519.jpg





二年生のK君、やっぱり反応したよ。格子の中にはシマシマの服を着た囚人がいるようだけれど・・
e0253482_1217224.jpg
そうだよ。つかまったの。で、海の牢獄から脱出作戦だよってKちゃんは言いました。
e0253482_12174480.jpg






で、海に逃げていきましたとさ〜。
e0253482_12181720.jpg




5年生のS君、先生!紙ください!って。
何が出来るの?
ふふふ、内緒・・・
e0253482_1237103.jpg
あ!カルタだ!
升目区切って、『あ」から『ん』までの絵と言葉を書き添えます。
e0253482_12385469.jpg
ちょっと休憩。
3年生のRくんは、アゴラの座布団に寝転んでジャングル大帝を読んでいるよ。
おばちゃん先生が持ってきた。
「お父さんこれ買ってほしい!面白いんだ!」ってR君はお迎えにきたお父さんにおねだり。
昔の漫画って本当に大事な事を伝えている。それを感じてくれる子どもがいてよかった。
e0253482_1240475.jpg
今度はトランプを作り出す。
e0253482_12415675.jpg
ジャーン!すごいでしょう!出来たよ!
e0253482_1243392.jpg
箱まで作ったよ。
e0253482_12481321.jpg
僕の作ったトランプで遊びたい人!?
は〜い!
みんないっぱい集まってきたよ。
e0253482_12552423.jpg
e0253482_130846.jpg





















高校生のY君、美大受験のためにデッサンしてる。
それを見て、3年生のR君、僕も描く!って隣に座り描き出す。
R君、将来の夢はアーティストだって。
e0253482_12572188.jpg
R君が持ってきた木、いい音がするんだ!
じゃ〜楽器作ろう!って先生の提案。
ジャ〜ん!できた不思議な楽器。
e0253482_1313337.jpg
5年のYちゃんは、アゴラに5年通っています。
その間ずっとアゴラに来たらまずは絵を描きました。これ習慣です。
かつおシリーズから始まった、海の生き物を図鑑をみて描き続けいたよ。
だからこんなに上手になったよ。
e0253482_1332774.jpg
時には面白い事を始めるYちゃん。
輪ゴムで、クモを作ったよ。
e0253482_1341767.jpg
e0253482_136427.jpg




他にも描き続ける先に出来上がる作品集!
幼稚園児のT君、ある時黒いマーカーにはまって、マーカーのみで描き続ける。ひたすら黒にこだわる。このブーム、二ヶ月続いたよ。
e0253482_1365862.jpg
e0253482_1373320.jpg
e0253482_1392394.jpg
e0253482_17593989.jpg





















紙コップの鳥さん、いっぱいいっぱい生まれましたよ。
e0253482_13103995.jpg
[PR]
# by agorakodomo | 2016-11-19 19:02 | アゴラのこと | Trackback | Comments(0)

日々のアゴラ 2016年10月 野外活動

e0253482_17474040.jpg

今年、アサギマダラの到来は10月10日前後。
ただ異常気象か、キンモクセイの咲く時期も二ヶ月遅れた。
だからか・・・去年のようにアサギマダラがたくさんは来なかった。
二頭行ったり来たりして〜。
そんなときもあるんだな〜って思う事にして。
e0253482_17483348.jpg

実りの10月、山へムカゴなどをとりにいきました。
e0253482_17501474.jpg
あ!いたぞ〜ってやんちゃな僕たちは、枝で突っつきます。
何がいるの?
e0253482_17505673.jpg










あれあれカマキリだ!
e0253482_17515547.jpg


ムカゴは何処だ?
e0253482_17524188.jpg
あ!あったあった!
e0253482_17533566.jpg
いっぱい取ったぞ!
e0253482_1755451.jpg

e0253482_17554716.jpg





あまりにもいい天気なので、近くに椎の実を取りにいったよ。
ムカゴも取りたいって子供達のリクエストにお答えして・・・
そのまま山の中へ行きました。
e0253482_17573869.jpge0253482_17582615.jpg
e0253482_1759149.jpg










ムカゴあるかな?
e0253482_1759547.jpg
あ!あったあった!竹の上にいっぱいあるぞ!
山猿のごとく子どもたちは近くにあった竹の棒をもって上にあるムカゴの蔓を叩きます。
おちろおちろ!
そして落ちたムカゴを拾う子供達。
ちょっと欲張り小僧でした。
e0253482_1805296.jpg
e0253482_1824100.jpg
e0253482_1843433.jpg








さて、アゴラでは、先生がムカゴを炒ってくれました。
e0253482_1851653.jpg


じゃ〜ん!む・か・ご
e0253482_1855420.jpg

はい!食べて!
子供達は号令に条件反射のようにムカゴに群がります。
何度も何度も繰り返すこの行為に、笑顔がこぼれます。
e0253482_1864985.jpg
e0253482_1875284.jpg
e0253482_1811571.jpg







面白いね。葉っぱの作品。
e0253482_18115819.jpg
拾ってきた木の実などで作品作り。
5年のwちゃん、かわいい栗の皮の器に奇麗な木の実。
e0253482_1883146.jpg
e0253482_189694.jpg
男の子たちも木のみで制作。
e0253482_1895813.jpg
あれあれ〜スイミーの世界のよう。
e0253482_18124620.jpg
e0253482_18135359.jpg













芋掘りに山の畑に。
e0253482_18232142.jpg

ほりにほり続けております。
e0253482_18241363.jpg
e0253482_18245729.jpg
e0253482_18253236.jpg









芋よりも根っこに夢中。
何処までほれる?
ギネスに挑戦!
e0253482_18262020.jpg
e0253482_1827243.jpg











すごく長い根っこゲット!
e0253482_18275414.jpg
計ってみました。
e0253482_18284298.jpg
e0253482_18291878.jpg





玄関に今日の成果を貼りました。
芋の蔓・・・もとい芋の根っこ。2メートル。ギネスだよ!って子供達興奮。
e0253482_15193613.jpg
e0253482_15201933.jpg
e0253482_15205851.jpg

[PR]
# by agorakodomo | 2016-11-19 18:22 | アゴラのこと | Trackback | Comments(0)