里と湖のポレポレ時間~

agorako.exblog.jp
ブログトップ

講演会無事終了

台風でも選挙にはいこうね。
でないと、小選挙区制の思うつぼ。

e0253482_14264888.jpg
e0253482_14275266.jpg

講演会が無事終了致しました。
本当にたくさんの方に来て頂きまして、誠にありがとうございました。
来て下さった方々、皆笑顔や、ときには神妙にお話を聞いてくださっていました。
伝え引き継ぐことの意味を感じます。
お母さん方が多かった訳ですが、小さな赤ちゃんを抱いてきてくださったのも印象的です。
山田先生のワクチンの話、免疫の話、菌の大事さ。何度も山田先生は講演会で伝えていらっしゃいます。
また菌?・・・ではなく、だから菌がこれだけ大事で、だから除菌の意味を考え、抗生物質の意味を考え、日常を振り返り、または立ち止まり、これでいいの?って思う意識が大事だろうと思います。
つまり、宣伝やキャンペーンに騙されるな!という事です。
あえてテレビからながれる情報は見てほしい情報で、その見てほしい情報源は、誰かという事。
医療の経済成長。病気を治す事で金儲けするには、・・・病院が儲かる、薬屋が儲かる、医療器具が儲かるのは、私たちがその機会をたくさん得る事になる訳ですから、この負を前提に繰り広げられる経済成長は、あり得ないのです。
繰り返し買ってくれる事がバイヤーにとって安定した利潤が生まれるのです。
という事は、ずっと負のまま・・・病気のままでいてくれれば、医療は儲かるのです。・・・
この発想が情報源にはあるゆえに、そこから繰り広げられる戦法は、おのずと・・・

国とはいったいなんでしょうか?
国は私たちにとっては漠然としていて、当たり前にある守るべき枠というのか、自分を象徴する一つの名称でもあるように思え、国は自分側の善なる存在と思えてくるのですが、実は、国は今や一企業、個人の思惑で操る集合体であり、国と言う囲い込まれた枠の中に閉じ込められた形にいるだけに過ぎないのではないかとも思うのです。
それがものすごく解りやすくなったのが、今でしょうね。グローバル企業はもはや国を簡単に作り操っていますから。
日本という国は、今企業に操られて展開しているといってもいいのかもしれない。
イベントのオンパレード。お金が動くだけに固執する社会。それに一役もニ役もかっているのが、企業に買われたマスメディアで、行政さえも企業に買われた…飼われた代物になっている。
官僚が公の意識を持っていただければいいのですが、政治家はもはや企業に買われた人たち。それに使いやすい人が官僚のポストに置かれて動いている。
福島駅に行けば、西口はいつもイベントのオンパレードだそうです。それが最近東口にも広がっている。
イベントってかつてありましたか?
昔のイベントはお祭りで、その次にできたイベントは、商工会が企画する、もしくは農協が企画する食販売イベントだった。
それでお金儲けできると見込んだ商売人は、集団動員をかけていくんだと。
集団という集合体は、恐ろしいもので、人の心をうやむやにさせる。
福島でなぜイベントがどんどん開催されるのか。誰がイベントにお金を投じているのか。日本財団と商工会議所。ちなみに、各地で行われているなんとかビエンナーレ。アーティストが集う装いに、商工会議所などや村おこし企画が絡んでいる。
アートさえ、買われたイベントだった。主宰するは、アートを知らぬ商売人。オリンピックが最大の商売だし。オリンピックの為に掃除されて奪った土地に開催されるイベント。一時のカンフル剤。オリンピックが過ぎれば、ここは貧困の町と化す。
私たちの日常にも週代わりであっちこっちにあるイベント。そこに、わ〜楽しいとする日常の繰り返しの先になにが残るのか。
経済成長は、私たちから出た言葉ではない。経済成長は商売人から生まれた言葉だという事。
経済という囲いに入れられ続ける日常の先には、負から生まれる経済成長を目論む商売人の影が見えるのは私だけだろうか。
負・・・今テレビからは負が連発。負は元々ない。負は作り上げて生まれる産物。病気も災害も、戦争も・・・自然の脅威より人間が手を付けた挙げ句に生まれる負が、今溢れているのである。そこを埋めるイベントだね・・・

『基本的人権の尊重』それさえ、イベントで壊す日常と、この選挙で自由を奪う意識体がいる。
私たちはもともと平和である事を思い出そう。




ありがとうございます。


[PR]
# by agorakodomo | 2017-10-18 09:40 | 思うこと | Comments(0)

山田真氏&藤綿辰史氏講演会のお知らせ!



京大有志の会にUPしています。
e0253482_18414707.png
e0253482_18415946.png
e0253482_18420956.png
定員50名 参加者は事前に連絡をお願いします。
参加者2000円
☎0537−27−1428 or 090-6351-6633
Emaill:agoraart@thn.ne.jp/URL http://web.thn.jp/agora/


「子どもと菌と戦争史2」

=--薬と子ども、子どもと戦争、戦争

と菌--=

里山の風景はここ2年で大きく変わった。老齢化した耕作者は、茶草葉農法の茶畑を止めた。

竹が生い茂る荒れた茶畑,手間のかかる米づくりは,休耕田と畑に変わりつつ細々と続く。にぎやかだった蛙の鳴き声は,何かおとなしく聞こえる。社会を取り巻く事象の変化は、まず子どもたちを襲った。いつの時代もそうだが子どもたちからなのだ。敏感で窮屈な思いをもちながら、力ずくでは敵わない子どもたちは、学びの場で、地域で、家庭で「おとなしく」と嗜められ、逆らえば、問題児としてあつかわれる。親や教師は、子どもをカウンセラーへ、時には、診療内科の医師に委ね、病名がつく。従来のちょっとわからん子ちゃんやいたずら坊主に病名が付けられると、精神薬投与が始まり、本来の自分ではない自分に変えられる。これが“教育の医療化”?この数年、アゴラで見た子どもを取り巻く現状だ。大人は子どもがおとなしくなったと「ほっと」する。ほんとにこれでいい?教育

の医療化って?医療産業が儲かるって?国の軍産学共同の推進の中、軍需費の拡大って?弾道

ミサイルの国の対応???里山の空はいつの間にか軍用機が飛び交う。煮えたぎります。本当に今何が起こっている?腹の記憶が沈んだ歴史を呼び覚まします。今日、地の脈に新水流れる。

アゴラ子ども美術工場 渋垂秀夫


e0253482_18324986.jpg
e0253482_18423323.png
e0253482_18430116.png
e0253482_18433154.png

山田真(やまだ まこと)

岐阜県美濃市生まれ

小児科医

東京大学医学部卒業

八王子中央診療所所長

森永ヒ素ミルク中毒、水俣病等の被害者支援、

福島第一原発事故における被曝者の健康相談など、

常に患者、被害者の立場に立った医療活動を続けている。

著書

『水俣から福島へ』岩波書店

『はじめてであう小児科の本』福音館書店

闘う小児科医』―ワハハ先生の青春 ジャパンマシニスト社

子育て―みんな好きなようにやればいい太郎次郎社エディタス

子どもに薬を飲ませる前に読む本』講談社

『障害児保育』 創成社新書

『育育事典』(共著)岩波書店

e0253482_18431567.png

藤原辰史(ふじはら たつし)

北海道旭川市生まれ

京都大学総合人間学部卒業

現在、京都大学人文科学研究所准教授

自由と平和のための京大有志の会

歴史学の立場から「農業」や「食」を考え

飢餓や戦争と平和への提言等の活動をしている。

著書

『カブラの冬』人文書院

『稲の大東亜共栄圏』吉川弘文館

『ナチスのキッチン』水声社(河合隼雄学芸賞)

『ナチス・ドイツの有機農業』柏書房(日本ドイツ学会奨励賞)

『食べること考えること』共和国

『トラクターの世界史 』- 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち 中央公論新社

『戦争と農業』集英社インターナショナル

2017美術手帳10月号に『人間チューブ論』発表掲載。


[PR]
# by agorakodomo | 2017-10-01 22:48 | お知らせ! | Comments(0)

びわ湖のアゴラ 10月1日開催です。

びわ湖のアゴラ造形教室のお知らせです。
只今野鳥センターでは、びわ湖のアゴラ展開催中です。10月1日までやっております。是非、皆様、びわ湖の子供達の一年間の作品を観に行ってください。
野鳥センターの池田昇平さんのレポートも展示しています。
池田さんのレポートは3年目になります。生き物の面白さを池田さんの視点で写真と文章で綴っています。
これは冊子にもなります。今一巻が出版されています。
二巻は今しばらくお待ちください。
三巻目も作る予定です。
詳しくはアゴラ子ども美術工場までお連絡ください。

e0253482_19340326.png
10月1日(日)10時〜16時

『カメパオを作ろう!』
e0253482_19394789.png
段ボールのカメパオをみんなで制作します。
この写真は八畳の部屋にいっぱいのカメパオでしたが、今回は少し小さい段ボールで作ります。
二年前にベニアのカメパオを野鳥センターの外に作りました。
しばらく置いておこうと思っていましたが、一ヶ月後のアゴラの前前日が嵐で壊れてしまいました。
すごくすごく気に入っていた子供達。学校のみんなにも見てほしい!って思ってワクワクしていたのに、壊れてしまって・・・
その残念な思いをもっていて、小6のSちゃんが、もう一度かめパオを作りたい!って主張した。
その主張に先生は、実現しなくっちゃ〜って思って、・・・でも何かとアゴラの催し物が多く、今回はベニアではなく、屋内バージョン。
かわいいカメパオを作ります。
たぶんこれ、被災地の宮城県女川町の避難所で作った物資調達の段ボール箱カメパオに近いと思います。
みんなで子どもの居場所作ってみませんか!?
多数の参加お待ちしています。

e0253482_19533713.png
                 被災地避難所でのカメパオ
e0253482_19534867.png
参加費:2500円
持ち物:30センチ物差し、筆記用具、お昼の準備、お茶等
場所:野鳥センター(滋賀県長浜市湖北町今西)
連絡先;アゴラ子ども美術工場 
   ☎ 0537-27-1428  携帯:090-6351-6633 まで




[PR]
# by agorakodomo | 2017-09-27 19:50 | お知らせ! | Comments(0)

清水真砂子さんの講演会良かったです!講演録です。

f0215179_18544084.jpg

f0215179_18534983.jpg

f0215179_18553614.jpg

f0215179_18562151.jpg

ー清水真砂子さん講演録ー
(私の箇条書きですから、ニアンスを読み取ってもらえないかもしれませんが、・・・。講演を聞かれた方は思い出しながら読んでください。)

この社会はいやな空気を持ち出しています。

日常にしがみつく事の大事さ。

8月28日朝、私は、絶対に日常を手放すな!と思いました。手放したらアウトだなと。

植木等やチャップリンが繰り返し、表現の中に細やかな抵抗をした。細やかな抵抗を繰り返す事の大事さ。危機感を煽って軍需費をあげる。心理操作でしかないのに・・・

共謀罪が通ったことの一つに、東京新聞に政府が抗議したとありました。あからさまに出た政府に、これはあぶないと・・。

今夢中になって読んでいる本、アーサービナードの「知らなかった僕らの戦争」という本があります。いつも本屋さんで買っている。本屋がなくなるので・・・一冊ずつ買っている。

(少し話はとんで・・・)

今回は図書館の御世話になった。読みたかった本がなかったので、、、内村かんぞうの「末裔たち」という本を読みたくなったから。

(第二次大戦の小栗町のキリスト教独立学園の園長さんをしょっぴいた話をされる。)

私は社会に対して[「どうせ」と思った時には、そう言う人の良い仕事をみるようにしています。

良い映画、本など・・・人間に失望しないように自分を励ますんです。

こういう時にこういう人になりたいと思う人がいる。

それがロベルド・アノー・写真家(ルノーの車のカメラマン)。自伝の中に電車か地下鉄の中で苗木を持っているモデルがいる。その人はナチ占領下のパリでゲシュタボ(特高警察)が捜査に入り、そのモデルは印刷屋で、逃げてきた人たちの証拠書類を廃棄し、地下の河に流した。その事を戦後もその方も言わなかった。誰も知らない。その行為で生き延びた人がいる。

こんな人がいるって・・・

こういう社会の中に、かくまう勇気の大事さを思います。

人間なんてどうせ・・・ではない。あの人が居なかったら生きていなかったかもしれない。あの人がいなかったら・・・そういう人の行為にふれると、まんじゃらじゃないな~てホッとします。

ルアーブルの「靴磨き 」(映画)。アフリカのある所から密入国して・・・の話。抵抗運動をやった男に助けられて・・・靴磨きの男に希望を貰う。かくまう事はどういう事だろうと考えていた。

他にも、私事ですが、下北半島の旅に言ったときの話です。その時に50代くらいのバスガイドが、停年の運転手に聞いた話。運転手が子どもだった時に自分のうちのおばあちゃんが夕方に、エプロンになんか包んで出て行く。それについていくと、おばあちゃんは、浜の船小屋に消える。そこには、朝鮮労働者がいて、その人達は、脱獄者でその人たちに食べ物を与えていた。希望が持てて・・・そう言う人たちに連なりたいな〜。

「どうせ・・・」は傲慢。


宮崎駿さんにはどうしても入っていけない。高畑さんがアーサービナードの「知らなかった僕らの戦争」という本の中で、宮崎さんの作品は、風の谷のナウシカまでは良かった。それ以降は笑えなくなってしまったと、高畑さんが言っていました。

宮崎の主人公の女の子は、かわいくて、けなげで、かわいそうな子。

女の子すべてがみなそうではない。その部分がなくなれば、宮崎の作品はもっと豊かになるではないか。

高畑さんの作品の「かぐや姫」はよかった。これは面白いと思った。線がおもしろい。この切れ目に私たちは入っていけると思った。高畑さんの描く人間は線が切れていて、線の切れ目って面白!宮崎さんは線が閉じて、出来上がっているんです。

練馬区の九条の会のこと・・・ある方のお話の中に「傲慢だぞ」と思った事に、高畑さんがその話にいさめた時、高畑さんをはじめて意識しました。

アーサービナードの本の中に・・・ハラハラドキドキについて書いてある。高畑さんは、宮崎駿の作品は今やドキドキになっている。ハラハラは、能動的で、ドキドキは冷静に判断しない。つまり、ドキドキは成り行きに流されてしまうんだと。

ハラハラは客観的に自分を常に外から見ていないと感じられないのだと。

鶴見駿輔さんの言う当事者感覚に似ている。

宮崎アニメは、「わ〜!」と巻き込んでいく。つまり流されていく。すべて流されていく、その危険性。ハラハラの表裏一体が笑いだと。

ドキドキして読んできたのか?ハラハラとして読んできたのか?(ハラハラは危ないぞあぶないぞと思いながら読んでいること)

「岩場の上から」黒川そうさんの本の中には普通のどこにでもいる男の子、女の人が出ている。とてもいい。黒川さんは、鶴見駿輔を支えた人。

鶴見さんは息子さんに自殺しても良い場面が二つあると言っている。女性をレープしたくなる瞬間と殺せと誰かに命令され言われたときなら自殺しても良いと言った。

それは、鶴見さんはアメリカハーバードにいて、負ける時には負ける祖国にいたいと思った。帰国するときの船で殺されかけた。隣の部屋の人が殺された。たまたま隣の人が亡くなったが、自分の部屋に入り込んでいたら自分が死んでいたかもしれない。ハラハラした。つまりハラハラは主人公と一体となる感覚。当事者感覚。

(話変わり)

先生、私、本を読んでも内容を忘れるんです。と80歳の人が言いにきた。「あれ?なぜ忘れてはいけないの?」と聞くと、「本は読んで覚えて勉強するものでしょう、と。

学生たちもよくいう、本を読んでも覚えていないといけないという。そんな馬鹿な。

つまり、学生は、ノート一いっぱいになる事を求めてて、学生が求めているのは情報なんだ。と。

本を楽しむ為でなく、覚えるもの、読書感想文のためにとか、成績の為とか。・・・そういう風に教育が教えてしまったのか・・・


(教師時代の話になって・・・)

授業は教えるものではなく、私は体験してくれさえすれば良いと思っている。この時間を生きてほしいと。

子供達はノートがいっぱいにならないと・・を求めている。それは違うと思う。

戦争体験について語ることについて私は違和感をおぼえる。

戦争体験で語られるのは、された事ばっかりで、自分が被害者になっている。どうしてこういう事になったかを誰も語らない。そうなると、もっとそう言う事が起こるかもしれないと思ってしまう。

戦争体験を語る人は大変エネルギッシュだ。こんなにもたいへんだったという。で、今にいる若者は、戦争を語る事ができない。語る人生ではない。平凡だと・・・その感覚って・・・

私はある会議で戦争体験に対してもういいと思ったのです。それに異論はあるでしょうが、戦争体験を語るより、平和を生きる難しさを感じたのです。平和は、平凡で、ハラハラドキドキもないのかもしれない。ドラマでも物語でも、悲劇があって喜びがある。だから苦しみ故に平和の大事さを感じるように・・・でも平和は退屈で、何もない日常と勘違いする。悲劇のヒロインさえ生まない。けれど、この平和を生きることに意識を置くことの大事さ。平和を生きる難しさを感じるのです。と。


9月9日の朝日新聞の朝刊渡辺恭二さんの記事があった。

渡辺さんが10歳の頃「レ・ミゼラブル」に出会った。この本は自分が人間になるためにどうすればいいかと問いつめられた本だった、と。

私自身も子どもの時に「レーミゼラブル」読んで同じような事を思った。

罪を犯した人間が、生きられるかどうか・・・

児童文学をやっている意味は、ジャンは救われた。救われなかったら人間に絶望していたかもしれない。その救いを求めたんだと。

この本で、人間は信じられるし、生きられると希望を持った。だから児童文学の世界に希望を感じるのです。こどものときにあ〜いう本に出会う事。

この世に生きていて大丈夫なのか、この世に自分のいき場所はあるのか、人間は信じられる。それが生きられる事なんだと。本当に生きられると持った。あれがあるから生きられた。そう言う出会いって大事だなって。

そこで人は人を信じられる体験をする事、それで、生きられるし、支えられる。自分自身に問われたと言う体験をした本。

ところが、今日の学校教育現場において・・・

最近自治会の広報に、中学の校長が、今年は1番から○○番までの生徒が卒業しましたとあり、私はものすごくびっくりした。何名の生徒が卒業したでよかったのでは・・・刑務所や軍隊であるまいし、生徒を番号で呼ぶなんて、なんという感覚なのか、教師の意識や、社会の意識に疑問を持った。これを近所で言うも何でそこにひかかるのかわからない・・・という顔になっているので・・・だんだん言わなくなって・・・。そう言う事があっちこっちにはびこっている。

話は、元に戻りますが、宮崎駿氏の作品はドキドキワクワク、あ〜よかったでおわってしまう。・・・それをバッシリという高畑さんに共感を得たんです。

(話は変わり)

私は文学部だったのだけれど、フランス文学者の渡辺かずおという先生の静大の講義をモグリで聞きに行った。

その時のテーマは、「ルネッサンスと魔女狩り」だった。

ルネサンスはとても人間開放で良い時代と思っていたら、魔女狩りがとてもたくさんあったという。

火あぶりの刑にされている話しを聞いて、私がそこにいたら・・・私だったら・・・と必死で考えた。みんなが焼き殺せ!と言ったのか?魔女狩りにあった人を助ける?火あぶりを観ていられる?といろいろ自分に問いかけた。お前はどうする?と聞いた。とりあえず自分は立ち止まる人間でありたいと言い聞かせた。それが人生の最大の課題となった。

問いかける大事さ。

「夜」みすず書房 (エル・ビーゼル)の本を紹介する。

この話は、ナチ時代の話。収容所を消し、収容された人たちも逃げる。彼の父は体力がなく、走れなく、倒れた。その時エルビーゼルは父親の手をスーと離した。迷った自分。

その場面に、私もやるなと思った。大きな課題です。でもやってしまうんだったら、やらなくていい状況を作ることに意識をむけようと思ったし、・・・社会運動をやったのか・・・

学校の先生に言いたい。勉強って何??知識って何?本を読まなくってもすてきな人はいっぱいいる。


___後半___

私は、9年間静岡県立高校にいた。その後ゲドに会い、教師を辞めた。これを訳さないと死ぬ時後悔すると思ったから。

私はベキベキ(何々すべき・・・等)を学校で教えてて、それを家でそうじゃないとつぶし・・・また学校に行って・・・その繰り返しにいろいろ考えた。

島田高校から底辺と言われる高校へ転勤し、私は図書係りにならされて、図書にちくまから出ている漫画を入れた。すると、6・7人の高校の悪がやってきて(退学していい生徒たち)、「先生、漫画なんか図書に入れていいだかえ?」と言いにきた。その子らはどういう大人に出会っているか?本を読んでいない子たち。

漫画は悪いものと言われていたのだろう。そう言う人たちの物差しで事をみていたのだろう?と思った。

この学校に来て一週間目のことだった。ある駅で一人男の子(高校生)が「先生に今日生まれて初めて褒められた。」とその男の子は言った、その時私はよくぞここまで生きてきてくれたと思った。

褒められる事はそれまでにもそれなりにあったのかもしれないが、彼の受け止められかたの問題で、彼には学校で褒められた記憶がなかった。そう言う生徒がこの学校にはいっぱいいた。

ある時、「なぜ先生勉強しないといけないの?」と生徒は聞いた。

私は「支配者には勉強しない事の方が都合がいい。しないでいるとこれがいいのかわるいのかの判断もつかない・・・」と、

こんなことがあった。

1970年始めの頃のこと、あるお母さんが「私はいい成績とるためにこの学校にいかせたのでない。私は貧しかった。学無かった。肥料の計算や税金の計算をしていた。でも私のようにわからないでもそれなりに努力して計算してくれる嫁が息子に来る保障はない。小学校にいけなかったお母さんが息子にせめて税金の計算と新聞が読めるようにしてほしい。」と言った。教育とは何かを教えられた。

その後しばらくして私は青山女子短期大学で勤務した。そこは四大をやめてこちらに入るというくらいの大学だったが、新聞読める子がいない。読むとはどういう事か?読むとはどれだけの否定がかくれているか・・・を理解する事。

AはBであるを読むのではなく、AはBでなくてが書かれてていない事をどれがけ読めるか。

行間を読む事の大事さ。

ナバホインディアンの写真。この写真に私は感動した。それを写したカメラマンの感動を感じた。表現主体を初めて感じた経験。

何を写さなかったということ。行間を読む。かかれていないものうつされていないものはどういうことか・・・を考えるようになった。

それ以来いろんな絵、写真、報道写真など、カメラマンはどこに立っているかで写されているものがまったく違っている。そのことをその当時に出会ったそのおかあさんがピシーと教えてくれた。


私はデモにも出ていた。他の学校の先生もデモに行っていたが、その先生らは、生徒の密告の為にデモにいっていた。若気のいたりだったが、私は職員会議で、デモにいくのが悪いのなら、なぜいく前に行くなと言ってくれなかったのか!?といったが・・・デモにいった子供達は教師に密告されて退学処分になった。・・・

クラス委員がある時私に聞いた。身体がつかれたときは休んでいいのに、なぜ心がつかれた時には休んではだめなの?と。

私は「そうだね」って言ってしまった。

でこのクラスは心が疲れたときも休んで良いよっていった。ただし、私にはちゃんと伝えてほしい。と伝えた。

職員会議で多数と一で戦わなくてはならないから・・・

生徒たちに黙秘権もあると生徒に伝えた。


ゲド戦記を訳し終えた時、島田で高校紛争で処分された子がつかつかと現れた時、生きていてくれたんだね。と嬉しくなった。他、勉強嫌いな生徒たちだけれど、毎日6時間ちゃんとよく座っていれたねって思った。他にも生徒たちは私の家に来て、自分に瓦や百姓の子だと初めてはなした。でも学校ではあいつは生徒をうちによんで思想教育をしていると言われた。

学校では、生徒はまず職員室の前に、・・・お辞儀、入ってからまたお辞儀、用がある先生の所でまたお辞儀。おかしい。

いろんなことを子供達に教えられた。

私はことばって?あいさつって?をいつも問いなおしていた。

生徒たちがものさしをたくさんもっていたら・・・と。

今はネットでネトウヨに引っ張られる・・・おかしいと判断できること、はかれるものさしをいっぱい持っていたなら・・・と。

親戚の子がうれのこっちゃうと言った。こんな自分を物のように扱う感覚に違和感を覚えた。


10月7日にうちにくる、山形の校長。安積先生。高校生に何を恐れているか?と聞くと、100%親を恐れている。

子供達にやりたい事をしなさいなというと、親はそれを願っていない。と子どもはいうと。

恐れるべき者は何かと私は子供達に徹底的に教えると安積先生はいっていた。


夕方にゼミに学生がきた。戦争体験をしている人がうらやましい。私はすごいショックだった。私たちにあんなに生き生き語る事がないといった。

アメリカもソ連の若者のもベトナム戦争時同じ事をいう。語れるものがない・・・と、

生き生き語れるものがないってって!?

戦争体験は、どんな悲惨だったかを語るが、その状況を語る人がいない。戦争児童文学では、自然災害とどこが違うの?と思っていた。ほとんど自然災害と同じように語っている。戦争を悲惨な災害にあったように語っている。

悲惨さを語る方がドラマになる・・・おこられるが・・・

「平和を生き延びる」事をテーマに語る機会があって、その講演会の前にパースの町を歩いた。トイレのらくがきに俺たちに未来はないと書いてあった。すぐさま私は原稿を書き直した。

サバイブインピースという言葉にたくさんの人が共感してくださった。

しかしその後日本での子どもの本世界大会の時、戦争と平和を生き延びる大変さをいうと、あなたは戦争体験していないからだと非難された。でも戦争を語ることは、しだいに・・・戦争コンクール。悲惨さコンクールになる。

病気コンクールになる・・・これがいやだった。

あなたのいったことは非常に失礼だ、謝罪しなさいと言われた。でも私は謝罪しなかった。

山田真・・・座高を測る。第一次世界大戦の塹壕を作るのに必要で、その名残が残っていた・・わらえた。

私たちはドラマがほしい、たのしいより、不孝はドラマになる。これをやってしまうのが私たちなんだな。・・・

あんたたちは戦争を知らないんだと言う事はわかる。でも生物がただ生きるということでなく、健康な精神をもって平和の状況に生きる事の難しさ。戦争など悲惨な状況のときは課題がどんどんくる。そう言うときは向き合えるのだが・・・。私たちは平和に飽きる、だから何か面白い事がないかな〜とドンパチを起こしてしまう危険性。

ジョージ・ウォーエル、「春の訪れがわからない人間に、労働時間が減った事を喜べる事ができるだろうか。」その事がわかる人がどれだけいるだろうか。

若いお母さんたち・・・イベントの渡り。なんか面白い事に連れて行く。

子どもはイベントがほしい訳ではない。ブックスタートもいらない・・・

自治体と本屋がくっ付いて・・・

斉藤敦夫のスペインに行ったはなし。スペインの人が、なんで子どもに本が必要か?18歳までに本はいらない。お日さま、空、風に親しむ事の大切さ。両方楽しめば良い。日常を楽しむこと。

自治体はいつもイベントを用意しているから・・・それに流れてしまうが・・


言葉って面白い、

高山にいった時、あるお寺に「これからがこれまでをきめる」と札に書かれてあって、嬉しかった。

彫刻家の言葉「君たち、おだてにはちゃんとのれ!」これは大事なこと。

おだてにのれない時がある。おだてにのせようとするときにはもっとはらはらしている。おいとびおりてこい。に相手を信じてポンと飛び込んだら良い。

仕事ってそう言う事。


最近「断念する力」を考えている。

お金を出せば運命を支配できるようになってきた。そのことをやれない親になぜやらなかったと他者に言われる。人間の力を感じる力が大事だと思う。

「親になるまでの時間」奈良女子の方の本紹介し、断念する力の事が書いてあった。

他に「助けを求める力」・・とても必要だし、人と人を繋げる、山田太一もドラマで言っている。孤立しないこと。


最後にチラシに私の楽しみを二三書いたが、最後の一つは・・・

私は、再婚・・・私が37歳夫が35歳のときに再婚。

夫が「ぼくたちは、わすれない、はぐらかさない、我慢しない」でやっていきたい。と言った。

これはものすごくエネルギーがいる。

我慢しない事は難しい。我慢するは美徳だという日本、辛いことはわすれましょうもいうし、我慢することでどれだけ人生を歪めたか・・・

言葉を飲んだろうという暴力行為にちかいことが続いた。

我慢する事はすごく省エネ。でもいつか必ずしっぺ返しになる。

その一瞬は穏やかだけれど、我慢したことで、少しずつ少しずつ距離ができる。

「鉄道員」映画で「こうなることもみんなががまんしていたからよね。」というセリフがある。

気がついたらどうしようもなく距離ができていた。

生徒に「先生は授業で思っていた事を素直にいった。」といわれた。

「午後私のさぼって映画を観に行きます。私心がからからになっているから心をみたされるために映画にいく」と私が生徒にいったんだと・・・生徒が覚えていた。

読み聞かせをすると心が豊かになるといろんな所でいわれるけれど、・・どういうこと?と聞くと、心が豊になるとは、優しくて・・・というが、心が豊ってそんなこと?と思ってしまう。

心が豊かになるって、「あ〜無情」を読んで・・・自分の思いに気づく事などじゃないのかな?と。

学校教育は触れない。優しい子、他人の思いになれる子だけをいう、隠蔽隠蔽ばかりいう。


「わからない事にとことんつきあうこと。」最首さとるさんのこと。

障害の娘さんに病院に連れて行って診断受けた事がない。これは大変エネルギーがいること。

絶えず聞く。いつもたずねる。そうい鵜風に離さない子どもへずっと関わっている人。

私たちは早く答えがほしい。

ゼミの学生がある時、「先生わかりました!私、親からずっと何で勝たずけができないん!って起こられていたんですが、私は、かたずけられない症候群だったからなんですね」と喜んで言った。・・・

私たちは、わからない事を早く答えを得てすっきりしたい。でも答えを得る怖さ・・・だからわからないでいることの難しさを思う。

早く答えを欲してしまったら・・・とんでもないものにひかかるかも・・・。

わからないことを持ち続ける・・・これって思考し続ける事なんじゃないかな。

________________________________________


以上の清水眞砂子さんの講演会の事を自分なりにまとめ記載しました。

清水さんは大変優しく、真っ正面から物事に向き合っていらっしゃり、また曖昧にされない清々しい方でした。

この社会において、はぐらかす人の多い中、曖昧にしない人がどれだけいるか。

信じられる方がどれだけいるか。

優しさはいいよいいよって何をしても頷いてくれる人や傷のなめあいのような中途半端な行為を優しさと思っている人もいるかもしれない。

でも私は清水さんと出会い三年の月日が流れて、いまやっと少しだけれど、本当の優しい人に出会った喜びを感じています。

優しさって曖昧ではいけないのです。優しさってうけ流す行為ではないんです。

私たちはまやかしの優しさに毒されてきたようです。

それが今の福祉の中に隠されています。

学校で習う優しさって何ですか?

言葉で〇〇と書ける事ではないんです。

本当の優しさって優しさを与える人が本当にエネルギーがいる事なんですよね。

ゲド戦記は私は映画から知りました。

ゲド戦記は、世間では失敗だと言われたようだけれど、私はジブリ映画では一番好きで、映画音楽まで買って聞いていました。場面場面の情景を浮かべて聞いていました。

ゲド戦記の映画表現よりも映画の中の台詞がとてもすてきで、生きることの意味を問いただすような、大事な言葉の数数だったと記憶しています。

それが期待はずれだと評価されたのには、なんかな〜と世間に違和感を覚えました。

ただ本は買ったものの、読む行為にはなかなか至らず、時間が経ちました。

清水さんを知って読んだ本は、児童文学の評論の本やエッセイでした。

その切れ味の良さに少したじろき、出会っていたものの、厳しい人だなとも思っていました。

そしてようやくゲド戦記を読めました。感動しました。

あ・・・あの映画にひかれたのは、清水さんの訳に惹かれて感動していたんだ。と改めて私の感覚に少し嬉しくなりました。

「ゲド戦記」全巻を二人の息子に買いました。

彼等が今すぐ読まなくても、きっと人生の中でこの本の中に答えが見つかる時が来るかもしれないと思ったからです。

今、私は世の中にいろいろ不信を抱いています。それは政権のせいかもしれない。それに従う大人の存在かもしれない。命と思想に偽の行為を施しているから、その行為ほど、人間の本質を歪めるものはないと思います。

「信じる事で生きるられる」・・・本当にそう。

信じられれる人にどれだけで会えるか?

私は最近そう言う人に出会い始めています。だから生きられる。

そして息子たちや、私と出会った小さな子供達にもそう言う人の存在をちゃんと伝えれる。この安心感を今得ています。

こんな時代だからこそ、これが希望と言うのだと思います。


[PR]
# by agorakodomo | 2017-09-25 23:54 | 伝えたいこと | Comments(0)

びわ湖のアゴラ 2017年8月12日 ”西の隧道探検と蓮の葉の帽子”

e0253482_20241079.jpg
西野水道にいきました。西野水道は1840年代にノミと槌で掘られた水の通り道です。この地区は昔洪水が相次ぎ、川の氾濫をおさめる為に、西野和尚が動きだし、資金をこの土地の人たちからかき集めて作ったとされるものです。
この洞穴に長靴と懐中電灯をもって探検だ!
途中、ガタんと洞穴の天井が落ち込んでいる所があります。それは掘っていったときに、あえあれ、これは上に上っていると思ったらしく、急遽、進路変更となった場所です。
アナログゆえのおもしろさ。
頑張って掘ったんだな〜って思います。
脱帽!
真ん中ぐらいには、生き物がいるよ!って池田さん。
何々?
あ〜!コウモリだ!顔に何か触れたんだよ、これびっくりしたコウモが羽ばたいたんだ!?
豚のような鼻の小さなコウモリが天井にぶら下がっていた。
はじめて見たコウモリの顔。
e0253482_20223051.jpge0253482_20233362.jpge0253482_20244072.jpge0253482_20253928.jpge0253482_20260985.jpge0253482_20263988.jpge0253482_20271019.jpg
e0253482_20274379.jpg
でたでた!びわ湖に到着!
このびわ湖の風景は最高!自動車の音がしない唯一の穏やかなびわ湖だそうです。
西野水道から出たこの開放感を堪能あれ!
そうそう!ここにはクルミの木がいっぱい。なんで?って聞くと、びわ湖のどこからか流れついて根付いたクルミがクルミをつけて、そのクルミがおちて、朽ちて、根付いたって連鎖。面白い!
自然現象の風景に私は魅せられました。
e0253482_20283328.jpg
さて、ここで、面白い物は拾っていこうね!
流木も拾ったし、クルミも持って帰って植えようか!?

e0253482_20290450.jpg


e0253482_20304118.jpge0253482_20311091.jpg
あr
e0253482_20313818.jpg
あ〜!この羽なんだ!?って上の写真の羽をさしていった。
あ〜!タマムシじゃん!この間、掛川のアゴラでは、生きたタマムシがぶ〜んって飛んできて、目の前のバケツに止まった。びっくりしたし、ワクワクしたよ!タマムシは生態系がちゃんと循環している所にいるようだ、里山のアゴラもこのびわ湖も大丈夫だね!
あ!池田さん、なに触っているの?
くるみについているモコモコして太っちょさんのいも虫君。池田さんはうれしそうに触った。ぎえ〜!
でもみんなさわっちゃうんだよね、びわ湖のこどもたちも。
すげ〜!

さ〜、今度は昭和にできた西野隧道を通って帰ろ♪
e0253482_20320436.jpge0253482_20323759.jpg
e0253482_20330953.jpg
午後は、びわ湖のほとりのビオトープに群生した蓮の群生を観に行った。
蓮は見ていると美しい。でもこれ外来種で、かなり旺盛で、これはドンドンはびこって群生して、太陽の通り道をとうせんぼ。すると息できなくなって、他の生き物が死んじゃうの。だから、蓮はいらないのびわ湖にはね〜。
そう言う事を聞いて、いままでの価値観が変わっちゃう。だって蓮ってお釈迦さんのお話に出てくる仏教の 大事な花だから良い物だって思っちゃう。でも仏教だって外来のもの。そう思うと生き物を知るって、歴史の本当にまで通じてて、自分たちの当たり前ももともとでなくって、新たに入れ込んだものだってわかるよね。
今びわ湖のでたいへん迷惑がられている外来種のブラックバスは、皇太子が放流したんだし・・・アメリカとの交流を謳って。そのとおり、日本はどんどんアメリカに浸食されているわな・・・・びわ湖のモロコも固有種は瀕死状態さ〜・・・
野鳥センターでは、いろいろ本当に勉強になる。
池田さんが言ってた、自然は嘘がないって、・・・おかしい事を不自然って言うだろう。と。
そう、自然は真実なんだ!生き物万歳!

池田さんは高枝切りばさみをもってきて、大きな蓮の葉や花をとってくださった。
わ〜!みんな興奮。
花は大きく、優しい香りがする。うっとり♪

e0253482_20334217.jpge0253482_20341154.jpge0253482_20353859.jpg
e0253482_20362966.jpg
葉に水をいれると、水は真珠のようにコロンコロンと転がって、生き物のように動くんだよって、はじめて来たS君に教えるTさん。
葉っぱ面白いね!帽子になったり、笠になったり!ストローにもなるんだよ。
子供達は去年もすでに体験済み。BlogにもUPしています。
e0253482_20372081.jpge0253482_20375007.jpge0253482_20382824.jpge0253482_20385642.jpg
e0253482_20393440.jpg
葉っぱおばけか!?
帽子を被ったわらべみっけ!
ここで写生。最近学校でもめっきりなくなった写生。
昔はいっぱい写生大会があったんだ。寺、工場、いろいろ描いた風景画。
遠足のような写生大会。そう言う時間さえなくなった今。子供達はどんなかな?
ゆったりと育てられたならどんなに幸せか。
こういう時間をアゴラでは体験する。大事な時間がいっぱい。
時間があるという事、時間を保障するという事がどれだけ子どもの可能性を引き出すか。
今は早く早くと結果だけを求められるけれど、そんな足早に事をすませてなにがいい?
工場生産じゃああるまいし・・・うまく生きられないって言われる子は、保障された時間がないからさ。短時間で子どもをできるできないと判断されて、できないとだめ人間みたいに違うクラスに入れられて、・・・でもね、時間の区切りで判断されて烙印押されたらどんな気持ちかい?
子供達は可能性いっぱいだ!この時間を保障してあげて!
e0253482_20401199.jpge0253482_20404424.jpge0253482_20411902.jpg


e0253482_20422499.jpg
e0253482_20431255.jpg
!葉っぱお化けだ!笑ける♪
R君は今回里山からびわ湖に家族で参加。ゆったりと過ごすこの時間。
お母さんたちは久しぶりに絵を描いたって嬉しそうに言った。
e0253482_20434445.jpg
e0253482_20441030.jpg
ヘアーキャップのように上手にカール撒いて面白い帽子被っているね!
さて今日の体験を絵本にするよ!
制作に入ります。
飛び出す絵本を作り出すS君。どうしたら・・・のこだわりにつきあう先生。
こだわる時間っって排除される。でもこれが大事だと見守る先生。
いいものつくれたね!S君♪

みんなも真剣に考え作り、描く。
最後にみんなの前で発表。
面白い作品がいっぱいだった。
良い体験した大事な日。
e0253482_20444047.jpge0253482_20451925.jpge0253482_20461414.jpge0253482_20464977.jpge0253482_20471929.jpge0253482_20474791.jpg
e0253482_20482733.jpg
e0253482_20490051.jpge0253482_20493214.jpg

[PR]
# by agorakodomo | 2017-09-24 20:53 | 湖のアゴラ | Comments(0)