里と湖のポレポレ時間~

agorako.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

びわ湖のアゴラのお知らせ

急ですが、明日12月23日、びわ湖のアゴラがあります!

冬のびわ湖で造形しよう!
e0253482_10174383.jpg
e0253482_1093520.jpg
e0253482_10103917.jpg
e0253482_10115260.jpg
e0253482_10125993.jpg
e0253482_1014316.jpg
e0253482_10151963.jpg


制作内容:鳥の絵。ローソク作り。ケーキ作り。影絵遊び。池田君の鳥のレクチャー。
日時:12月23日(金)10時〜16時
場所:野鳥センター(長浜市湖北町今西)
持ち物:お昼、ケーキのトッピング、筆記用具
参加費:2500円 付き添い参加 1500円




今、湖北の野鳥センターには白鳥がたくさんやってきています。
そろそろオオワシも来ているのでは!?
そんなにぎやかな野鳥センターで、冬の造形を楽しみましょう♩

連絡先:090−7963−5720
[PR]
by agorakodomo | 2016-12-22 10:27 | 湖のアゴラ | Comments(0)

沖縄タイムスに記事掲載!

本日沖縄より沖縄タイムスの記者さんから掲載記事が送られてきました。
11月29日(火)文化面掲載
e0253482_20532989.jpg


合同フォレストFacebookより
e0253482_2142254.png

e0253482_214069.png



同時期に山からカモシカがおりてきた。
しばらくじっとこっちを見ていた。
あ!写真写真とカメラを探している間にノコノコと山に帰り始めた。
e0253482_2055331.jpg

e0253482_20562867.jpg

e0253482_20571175.jpg
e0253482_2058777.jpg

e0253482_20584340.jpg

[PR]
by agorakodomo | 2016-12-12 21:00 | お知らせ! | Comments(0)

びわ湖のアゴラの教室 2016年10月 「山本山へ散策と絵本作りと造形」

e0253482_03185.jpg

びわ湖でも山の散策といきましょう。
山本山まで車で移動。そして双眼鏡をそれぞれ持って準備します。
e0253482_0315296.jpg

e0253482_0323127.jpg
e0253482_038813.jpg
これは虫に食われながら増殖する木です。やられても修復する木。e0253482_0331654.jpg
ここもドングリの山ですね。
山本山は地元の方がちゃんと手入れしています。
でもここには熊も現れるそうですヨ!要注意。
e0253482_0385810.jpg
e0253482_0394695.jpg











あ!きのこ発見!食べれるの?
e0253482_0404250.jpg
ダメダメ!きのこほど怖い物は無いよ!
きのこをみつけたら触らないが原則だよ。って池田さんが教えてくれました。
毒キノコって怖いのです。
e0253482_0412313.jpg
山本山の下ではムカゴやヤマゴボウ、クサキの実をとりました。
e0253482_0422260.jpg

野鳥センターに帰って、池田さんのレクチャー。
今日は秋の鳥について。
e0253482_043831.jpg
これはもう知っているよね?
e0253482_0441622.jpg
ヒシの実
e0253482_0451484.jpg









これを食べるのがここにいるヒシクイです。秋の鳥。
e0253482_0455221.jpg

これは物まね上手なモズさんです。
モズは肉食です。木の枝に縄張りだと見せるように捕った獲物を串刺しにします。バッタ、鳥・・・スズメもやられています。かわいい顔しているのに、こわいな〜。
e0253482_046417.jpg
秋の到来を知らせる鳥は、白鳥です。今年はたくさんやってきています。白鳥がたくさん来る年は大雪の年だと言う事です。
久しぶりに来てくれた幼稚園児のI君も描きます。あ!今日は中学生のM君の来てくれてるね。
e0253482_0472019.jpg
5年のYちゃんもようこそ!
e0253482_0475955.jpg
e0253482_0484750.jpg
e0253482_0495281.jpg
e0253482_0504342.jpg







採ったムカゴをゆでて塩でまぶしてくれた先生。でも天然塩じゃなく食塩だったので、めっちゃ塩辛くなってしまった。
アゴラならうまくいったのにね。
e0253482_0525922.jpg
e0253482_051401.jpg





好奇心旺盛なSちゃんは採ってきたヤマゴボウの実をつぶし、天然絵の具を作り描きます。
e0253482_0534372.jpg
M君の絵のアングル面白いね!
e0253482_0543030.jpg
e0253482_0551574.jpg
僕もこの絵の具で描きたい!ってI君。ぶどうのような色で描くよ。
e0253482_056634.jpg


5年生のTちゃん、どんどん絵が変わってきました。
本を制作するって課題もあって、Tちゃんは採ってきた実をデッサンして、植物図鑑を作ります。
ちなみにこれは野バラの実。ローズヒップだね!
e0253482_0564445.jpg






一年生のY君はサッカーの試合場を作っているんんだとか。
e0253482_0572322.jpg








毎回制作意欲満々のAさん。my絵の具持参。
e0253482_0582986.jpg







アクリル絵の具は早く乾き、重ね塗りが出来ていいのって。
モズが浮き出てきています。
e0253482_0592744.jpg



みんなの作品を見てください。木のオブジェと絵本。
e0253482_10256.jpg
e0253482_103276.jpg
e0253482_113231.jpg
e0253482_124541.jpg
e0253482_135051.jpg
e0253482_144084.jpg
e0253482_154859.jpg
e0253482_184410.jpg
[PR]
by agorakodomo | 2016-12-08 01:08 | 湖のアゴラ | Comments(0)

びわ湖のアゴラ 2016年11月「自然木で音を奏でるモニュメント」 

e0253482_21385050.jpg

先生はびわ湖のアゴラの子供達を想像し、材料の手配をします。
なるべく自然を感じ取れる素材を使おうと、先生は裏山のクサキやセンダンの木を切り倒します。
ゼンダンの木やクサキは5年前にはここに無かった木。
小鳥がある時種を落とし、根付いた訳です。
2013年、アゴラで植樹をしました。その時には細い小さな苗木が生えていました。
次の年大きくなりそうだったので、途中でカットしました。
次の年は切った所からその倍以上伸びました。
次の年はもっともっと大木になりました。
切らないと、植えた柏の木が大きくならないから、また切った所を又切ります。
でも大きくなった大木をそのまま切ると大けがをします。
だから、ロープをかけて、近くの大きな木にくくりつけて、伐採してもドサッと倒れないように試みます。
先生が木を切り、私がハシゴを押さえ、ある程度切れたら、ロープを山の奥に引っ張って危険のないように倒します。
センダンの木にはたくさんのムカゴが絡まっていました。
おばちゃん先生は嬉しくって、高くてとれない場所の実り多いムカゴをたくさん収穫しました。
さ〜びわ湖の子供達に持って行くとしよう。
e0253482_21394395.jpg
e0253482_214222.jpg









先生は切った大木をまた細かくカットして車に乗せます。
びわ湖に通うってこういうことを毎回やっているのです。
e0253482_2214622.jpg


e0253482_23194548.jpg

e0253482_23261061.jpg

e0253482_23264850.jpg
e0253482_23272583.jpg
e0253482_23281045.jpg



















さていつものようにみんな鳥のを描きます。
同じ事の繰り返し。又やるの・・・ってこのびわ湖では聞こえないけれど、子供達や大人たちからもたまに聞こえる言葉。
でもこの繰り返し描くことで、本当に人って変化するのです。物の見方が変わります。大概に見ている日常から、おや?って考える事が出来るように変わります。
こんなもんで?って思われるでしょうが、本当に不思議。やらされているって感覚では如何せんですが、自ら続ける行為でどんどん見えてくる。観察する目が養われ、いつしか思考し、発見する目になってきます。
今教育により、美術はどんどんいらない教科になってきている。みんな競争煽られて、五教科が大事、運動大事って思っているだろうけれど、確実に与えられる事でしか答えられない子どもが増えている。と言う事は大人も同じ教育の中で育っていたら思考できない与えられた事でしか動けない人が生まれている。日常の行政の広報で、危険を察知して、行政の言う通りにしか動けない人が出来ている。政府がまともならその行政の言う事はまともだろうけれど・・・まともでなかったなら行政通達はどうなるだろう。そこにあれ?って思えない。何が正しいか、何が面白いのか、何が・・・何が?わからない。
そんな大人にならないで!・・・だから日常の丁寧な行為は大事。
里山のアゴラでも続けた事。そしてびわ湖でも続けます。この行為の先に大きな変化が生まれます。
e0253482_23285548.jpg
e0253482_23294961.jpg
アゴラの柿の木についていたシマヘビの抜け殻。
びわ湖の子供達にも見せようって持ってきた。
びわ湖の野鳥センターへ寄贈しました。
e0253482_23303724.jpg

こんなに保存のいい抜け殻はめったにないとか!?
e0253482_23311991.jpg







野鳥センターの植田さんもやってきて教えてくれます。アカゲラの爪を見てご覧!四本あるよって教えてくれた。
e0253482_23315564.jpg

e0253482_23323221.jpg
e0253482_23331541.jpg










1年生のY君、ヘビの抜け殻を前に先生が長い紙を用意してくれました。
Y君、ずっとヘビの抜け殻とにらめっこ。
「どうした?」
「ぼく、絵うまく描けないんだ・・・」ってぽそっという。
「・・・そうかな?この間のSL上手だったけれど・・・」

アゴラの先生は言います。
子供達の自信を簡単に削ぐ大人がいるんだよって。自信は簡単にとられちゃう。絵が嫌いな子は本当はいない。嫌いになる原因があるんだよ。大人が大人の基準で簡単に評価する。うまい下手・・・いい悪い。必要必要でない・・・学校へ行くとどんどん評価されていく。その評価に子どもはどんどん自分を小さくしてしまうんだよって。
大事に大事に子供達を育てましょう。
たった一言で子供達は潰されていく・・・
e0253482_23335584.jpg
長い長いヘビさんを描こうって描き出したY君。でもえんぴつが動かない。
「お!線路のように走り出したぞ!シュシュシュ・・・長く長くそら行け!いいぞ!長く長く・・・」
するとY君のえんぴつはどんどん動き出して、顔の所までやってきた。
「おお!ヘビが描けた!いいよいいよ!」そんな風に声を描けた。
そしたら次にY君、今度はヘビの模様を一個一個丁寧に描き出した。
でも10個描いて途方にくれかけた・・・
んじゃ〜な、こっちおいで!って外にY君連れて行って、細い枝をノコギリで切ろうと促した。
Y君、工作は大好き!だからノコギリでぎっこぎっこと切り出した。直径2センチ、長さ10センチの枝が切れた。おばちゃん先生は枝の中をナイフで彫って六角様のハンコが出来た。
じゃあさ〜、これで絵の具使って模様を描こうよって促した。
Y君、赤い絵の具を選んでハンコみたいに描き出した。

子どもの好奇心を引き出す事をしなさい!ってアゴラの先生は言う。
削ぐ事は出来ても好奇心を引き出す事をやっていない大人。そのことを私はアゴラでお手伝いさせていただいてからずっとずっと言われてきた。アゴラの先生は本当に子供達のやる気スイッチを押すのが上手。特に純粋な幼稚園の子には大変人気。幼稚園に講師に行っている先生に子どもたちは先生!ってまとわりついてくる。
おとなしかった子は今アゴラで生き生きしてる。
心の病気だって言われた子どももどんどん自分を取り戻し、薬が減った。
Y君もいつも先生に作った工作を持ってくる。
幼稚園以上に学校に行けば、うまい下手の判断はついていく。自信をなくせば好奇心は生まれない。
そんなことをいっぱいいっぱい私も教わった。その受け継ぎをたくさんの大人が出来たならこの社会は変わっていくだろう。
e0253482_23344890.jpg






好奇心おう盛なSちゃんの作品。いろんな角度のキツツキ。いいね!
e0253482_23352738.jpg

ひたすら描く同年代の子たち。
e0253482_2336318.jpg
さて、今日は木の楽器。天気がいいので外にブルーシート敷いて大きな木をノコギリで切ります。
e0253482_23371417.jpg








今日は釘を使わない。木の棒で繋ぎあわせていく。
細い枝に先生はドリルで穴をあけてくれる。
e0253482_23375721.jpg
e0253482_2339115.jpg




一個一個長さを変えてノコギリで切って、紙ヤスリで擦って、穴をあけた所に紐を通す。木の長さが違うから音が変わるんだよ。
e0253482_23401948.jpg
e0253482_23411521.jpg





5年生のS君は家で大工仕事をお母さんとやっている。だからナイフを持つ手つきがいいね!
それに先生に穴をあけてもらって紐を通す作業を、自ら枝に溝を作って紐がとめれるようにしてた。
工夫するS君。そう!それが想像し創造すること!
e0253482_2342429.jpg
e0253482_23424818.jpg
e0253482_23432929.jpg
e0253482_23451317.jpg

木槌で木と木をはめていきます。
e0253482_2344797.jpg
ボンドで補強。
e0253482_2346990.jpg
集中している表情っていいね。
e0253482_23474044.jpg









大人も木を切るのに大変そう。
e0253482_23464990.jpg
先生、結構手をけがしてた。先生の頑張りのおかげです。
e0253482_23481641.jpg
e0253482_23512220.jpg
e0253482_23485058.jpg
e0253482_23504452.jpg
















結構固いんです、この木。


















小3のSちゃんも頑張っている。
e0253482_23494234.jpg




安定が悪くって、丸い丸太の底の部分をナイフで切ったんだ!それも僕の提案です。
e0253482_2352099.jpg




いい音なるぞ♩
e0253482_23531590.jpg




5年生のTちゃんとHちゃんは、七夕のように短冊に願い事を書くように一個一個の枝に願いを込めて。合奏です。
e0253482_2353479.jpg

[PR]
by agorakodomo | 2016-12-07 23:56 | 湖のアゴラ | Comments(0)

日々のアゴラ 2016年冬 11月〜12月

アゴラでは毎年影絵をやります。
そして4年前より「カメの翼君」という本を題材にしての影絵をやります。
この「カメの翼君」は5年続けてやると先生は決めています。
一年一年子供達は成長し、表現していきます。
同じ事をなぜ毎年やるの?って声が聞こえてきそうですが・・・どうして?
繰り返す事って本当はすごく大事なこと。同じだと思えることが実は1日1日違うし、一年一年違うのです。子どもたちは成長します、幼稚園の子が一年経って一年生になって表現する言葉、読み書きさえ違うし、感じ方も違う。自覚も違うのです。
先輩を感じ、先輩を見て学び、独自の表現がまた生まれます。
静岡県にはスパックと言う劇団があります。
その宮木聡さん演出のスパック劇団は、「タカセの夢」という劇を5年続けました。
「タカセの夢」の主人公高瀬君は、中学二年生で主役に抜擢されて5年毎年この劇に取り組みました。この五年間はかれの成長物語。さらに他の出演者もずっと5年を通して表現していきました。
彼等の成長を見守る宮木さんひきいるスタッフは彼等の成長をずっと見守りました。
この5年と言う月日は同じものを表現しながらもきっと違っていたはずです。
その感覚をアゴラの子供達にも体感してもらいたいと先生は思ったのです。
続ける意味合い。成長。
そして影絵は、造形表現も加わります。切り絵で影を作り、カメの翼君を表現します。幼稚園だった子どもがまず作るのは蝶やいも虫などですが、年々作る物が変わります。切り絵ももっと複雑になってきます。台詞だけの子が6年生になると監督兼舞台監督です。
この体感を学校で今や感じる事は無に近い・・・
アゴラでは、いろんな表現を先生から提案され、又子供達の提案を受け入れます。

この版画は影絵への準備です。
学校では重ね版画や木彫りの版画を行います。アゴラでは、ペーパーナイフを使って切り絵に挑戦。
そして版画で影と光の感覚を感じます。
e0253482_17171934.jpg

e0253482_17181335.jpg
5年生のYちゃんは鳥かごのなかの鳥を表現しました。いい作品です。
e0253482_1719206.jpg
2年生のK君はカメの切り絵を丁寧に作っていきます。細かい作業が得意なK君です。
e0253482_17223785.jpg
e0253482_1722766.jpg
e0253482_17232745.jpg









字を切り絵にしたR君、逆さまにならなかったね!良かった♩
e0253482_17243488.jpg
e0253482_17251951.jpg
e0253482_17275726.jpg




















4年生のHちゃん、切り込みして面白い切り絵が生まれました。
e0253482_1729258.jpg



制作好きのA君、面白いカツオをモクモクとカットしています。
e0253482_17294955.jpg
e0253482_17303131.jpg





こだわりやのTちゃん、台紙をぬいて版画。
e0253482_17311286.jpg



こちらもカメ。ウミガメです。
e0253482_1732415.jpg



鳥をひたすら書き続けた3年生のY君。シジュウカラを切り絵。うまく版画でき
るかな。
e0253482_17351390.jpg
年長さんのY君、もうすぐお兄ちゃんなんだ〜。切り絵はマッチョな赤ちゃん。
e0253482_17362317.jpg
e0253482_17371687.jpg







年長さんのH君、カブトムシの足を丁寧にはさみでチョキチョキ!
e0253482_17375296.jpg




初めての版画。うまくいくかな?H君の真剣な顔。
e0253482_1739548.jpg







うまく出来たかな?ワクワクのH君。
e0253482_1742278.jpg






さて・・・版画をやりながらも時には自分の好きな事をやるのがアゴラ流。
最近アゴラに仲間入りした一年生のYちゃんは絵の具で描くのが大好き。今日は先生への手紙です。
e0253482_17542992.jpg

3年生のH君、他の作品を作ってて木のオブジェは途中でした・・・さ〜仕上げるぞ。
e0253482_17552249.jpg
立体的な花びらを作って花を咲かせていくよって。
e0253482_175646.jpg
花咲か爺さんのように色とりどりの花を咲かせて♩
e0253482_17583693.jpg
4年のHちゃん、丁寧に描きます。この木の表現面白いね。
e0253482_1757559.jpg
e0253482_17575158.jpg












この絵も面白いね。
e0253482_17592483.jpg


じゃ〜ん!六年生は油絵に入りました。
e0253482_1814211.jpg
先生!アルミで皿作りたいって言うのは六年生のR君。じゃ〜教えましょうと石に布巻き付けて、アルミの板を叩いていきます。
e0253482_1822773.jpg
出来るかな?しんどい〜って言い出した二人に先生は、根気をもって続けなくっちゃ出来ません!ってハッキリ伝えて激励します。制作とは簡単に時間内に出来るキットじゃありませんからね。
e0253482_183672.jpg



いい天気だから外で庭の花を描いている4年生のYちゃんと3年生のTちゃん
e0253482_1834954.jpg



3年生のR君はまた作り始めたよ。糸鋸でまあるくカット。
e0253482_1843889.jpg












あれあれ懐かしい野球版だね。去年かな?小さな野球版を作ったA君、これをもっと面白くしたいんだってアゴラに持ってきた。
そして板を足して、広げて、穴を彫刻刀で彫って外野までつくったよ。ガムテープで広げた板を貼付けていたので、先生が板を後ろから貼って釘で固定して周りを柔らかい板を用意してあげるから、囲えば野球版が出来るんじゃないかって先生がアドバイスします。
e0253482_1852647.jpg
次の週。出来た野球版で遊ぶ3年生のA君とH君。
A君ちのお母さんは、アゴラで作った作品はずっと大事に飾ってあったり、一緒に遊んだり、子供達の作品を大事にします。だから子供達はどんどん制作意欲を増していきます。さらに大事に残されて子どもの手元にあるから、また広げようとか、改造しようとか、直そうとか・・・そう言う事が後にも可能になっている。
一年一年成長して、手を足していく。いいな〜。
e0253482_186991.jpg






これいいでしょ!4年生のYちゃんはのりにのっておりました。
e0253482_187330.jpg


ユニコーンを描いてみたよ!みて〜♩
e0253482_188348.jpg
先生に手伝ってもらいながら木を大きな木に埋めていくよ。
e0253482_1892630.jpg
毛糸で何を作っているの?
e0253482_18102446.jpg




今度はマフラーまいてる?
e0253482_1811970.jpg










あ!さっきのは雪だるまだったんだ。かわいい。
e0253482_1812125.jpg
6年生のKちゃんはいつも家から面白い物を持ってくるの。
今日は海の砂をもってきた。なにができるの?
e0253482_1813799.jpg





ボンドと絵の具で何か実験?
e0253482_18142559.jpg



精力的に制作する二人。折り紙で何作っているの?
e0253482_18151054.jpg





じゃ〜ん!大きな折り紙の花束の出来上がり。迫力ある作品を作るTちゃん。
e0253482_18154573.jpg


この三人は外で草を刈ってきて、リース作りに入りました。
e0253482_1816404.jpg


















最近はまた電車を描き出す年長さんのT君
e0253482_2359598.jpg
3年生のY君、鳥の絵を描いてる。ぜったい描く事を忘れないでね!Y君の自信だからね。
e0253482_00638.jpg
e0253482_1820189.jpg

木のオブじゃと版画展。
只今アゴラで開催中です!
e0253482_18203698.jpg
子供達の作品風景。
3年生のY君の鳥の巣。鳥がいっぱいいる景色。
e0253482_1821484.jpg
e0253482_18214878.jpg
e0253482_18225086.jpg
e0253482_18233877.jpg
e0253482_18242836.jpg
e0253482_1825732.jpge0253482_18254257.jpg
e0253482_18261412.jpg
e0253482_18264459.jpg
e0253482_18271916.jpg
e0253482_18274342.jpg
e0253482_18281027.jpg
e0253482_18283499.jpg



































お母さんたちも見に来てくれました。
e0253482_18291075.jpg
e0253482_18294824.jpg
[PR]
by agorakodomo | 2016-12-07 17:51 | アゴラのこと | Comments(0)